自動車メーカー車両開発者が営む中古車販売店

TORINOCARSのお問合せ
携帯 : 090-5152-2066
TEL:072-856-0328

Mail:ktorino@nifty.com
営業時間:9:00〜19:00

在庫車両情報

HONDA BEAT

H3年式 ホンダ ビート

・メンテナンスバッチリで現状不具合無し
・走行距離少ない81,400km
・錆少ない修復歴無し車両
・エアコンR134aレトロフィット済
・車検たっぷりR4年11月まで
・無限マフラー、ワタナベホイール装着

車両情報

【車両情報】
車種:HONDA BEAT
型式:E-PP1 
年式:H3年(1991年)
走行距離:81,400km
修復歴:無し
車検有効期限:令和4年11月16日
色:クレタホワイト
所有者歴:3オーナー

【装備品】

無限スポーツサイレンサー
ワタナベホイール(Fr.13インチ、Rr.14インチ)
・BRITZ製 車高調整式サスペンション(減衰力調整式)
・純正OP 120Wスカイサウンドコンポ
・純正OP スカイサウンドスピーカー(完動品)
・純正OP リアスポイラー
・純正OP フューエルリッド
・純正OP スペアタイヤバケット
・純正OP 前後マットガード
・S2000アンテナ
・ETC

アピールポイント

・メンテナンスバッチリ
・現状不具合無し
・走行距離少ない81,400km
・錆少ない
・修復歴無し
・エアコンR134aレトロフィット済
・車検たっぷりR4年11月まで
・無限スポーツサイレンサー
・ワタナベホイール(オリジナルナット付)

本車両はM.TEC.サージョン様によるOH歴がある(この点は後述します)ことに加え、BEAT選びで重要な要素となる錆が大変少ない、そしてエアコンはR134aレトロフィット済、更には走行距離もBEATとしては少なめな81,400kmで、車検もR4年11月16日までたっぷり残っているなど色々な意味でご安心頂ける車両で御座います。

もちろん、エンジン、ミッション、電装品等含め、現状不具合はございません。

また、純正OPが多数装着されていることをはじめ、無限スポーツサイレンサーワタナベホイールといった希少なパーツが装備されていることも一つの特徴です。

そして、車両の状態が大変良好である点も大きな特徴の一つで、希少な色でありますクレタホワイトの外装は艶も十分にあり綺麗な状態で、目立つ大きな傷や凹みはございませんし、ホンダの前後エンブレムが新品交換済みで色褪せが無く綺麗であったり、ワイパーアームも塗装済みであったりと細かい部分までメンテナンスされております。

劣化の現れやすい幌に関しても、破れや切れ、過度な縮みは無く、スクリーンも大変クリアな状態で視界も良好です。

ヘッドライトも劣化による黄ばみの無い、クリアで綺麗な状態を保っています。 

因みに、BEAT選びにおいて肝となりますボディーの錆に関しても大変少なく、定番のサイドシルはもちろんのこと、サイドシル下側も錆は無く綺麗そのものです。

続いて、内装においても状態が良好で、ダッシュボードやドアライニングなどの日焼けが少なく、ほとんどのBEATで破れが見られる純正シートが大変良好な状態である点も驚くべき点です。

シフトノブやシフトブーツもほぼ新品といった状態で、前オーナー様が大切にされてきたことが伝わって参るものとなっています。

本車両のハイライトの一つである機関状態に関しましては、前前オーナー様(2オーナー目様)がご所有の際、H24年にM.TEC.サージョン様によるOH実施歴(実施距離は不明)があり、その際にエンジンにおいてはオーバーサイズピストン組み込みやミッションにおいては強化クラッチに交換、そして同時にタイミングベルト関連やECU、メインリレー、デストリビューターなども交換済みとのことで、本当に良好な状態と言えます。

残念ながら整備記録簿が残っておらず、上記内容は前オーナー様からお聞きした内容(前オーナー様がその様に聞いてご購入なさったそうです)とはなりますが、ダッシュボードやドアライニングが大変綺麗であったり、シートのヘタリが無かったり、そして実際の走行フィーリングにおいても、例えばエンジンは低速から非常に力感があり、通常のBEATよりも明らかに密度のある力がみっちり詰まった回り方をしておりますし、ミッションにおきましてもレリーズベアリングやメインベアリングからの異音はございませんし、昨今多くのビートで見られるブレーキマスターシリンダー及びクラッチマスターシリンダーからのフルード漏れがないといった数々の点からOH歴があることは間違いないかと存じます。

何よりもM.TEC.サージョン様の車検証入の存在が大きな証明の一つだと思います。

また、電装品に関しても、BEAT弱点ポイントの一つであるエアコンがR134aにレトロフィット済みで安心ですし、スカイサウンドコンポも動作しており、大変珍しくダッシュボード上のスカイサウンドスピーカーからもしっかり音が出ております

更には、車検がR4年11月までたっぷり残っており、ブレーキパッドやタイヤなどの消耗品やブーツなどのゴム部品の状態も良好ですので、当分はこの状態でBEATをお楽しみ頂けるかと存じます。

以上、内外装、機関状態共に大変良好で、錆も少なく、走行距離も少ない。

無限スポーツサイレンサーやワタナベホイールといった希少なパーツも装着されている。

そして、証明できるものは無いもののM.TEC.サージョン様にてOH実施履歴があるという、アピールポイントに事欠かない本車両で御座いますので、状態の良いBEATをお探しのお客様に自信を持っておススメさせて頂くことのできる車両で御座います。

※販売前メンテナンスとして各部清掃や状態確認を行った際の様子をブログに記載をしておりますので、宜しければメンテナンスの様子を併せてご覧頂ければ幸いです。

メンテナンスの様子はこちら HONDA BEAT 販売前メンテナンス

外装状態

希少なクレタホワイトの外装状態ですが、基本的に良好で、大きな傷や凹みはございません。

塗装は1度全塗装済みで、艶も十分にあります。

フロントですが、極小さな飛び石のタッチアップ跡を除き、大きな傷や凹みはございません。

ヘッドライトも黄ばみが発生しておらず大変クリアな状態を保っております。

※バンパー裏側や、バンパーを外して内部の確認、清掃を行った際の様子はこちら ⇒ HONDA BEAT ボディー状態確認②

フロントエンブレムは交換されており、新品同様です。

純正OPのリアスポイラー及び無限のスポーツサイレンサーが装着されているリアも、気になる大きな傷や凹みはございません。

※バンパー裏側や、バンパーを外して内部の確認、清掃を行った際の様子はこちら ⇒ HONDA BEAT ボディー状態確認③

リアのエンブレムもリフレッシュされており、大変綺麗な状態です。

本車両には希少な無限スポーツサイレンサーが装着されております。

状態は過度な焼けや擦り傷等も無く大変良好です。

高回転域の甲高い排気音も魅力ですが、管長を長く取り、低速トルクを確保した機能的なマフラーで、実際に走行してもその恩恵はしっかりと感じることができるものです。

適度に車高が下がっており、ワタナベホイールが特徴的な運転席側サイドですが、気になる傷は凹みは無く、大変綺麗な状態です。

ドアミラーは艶消しの黒色に塗装されておりますが、小さな塗装の剥がれが見られます。

また、リアフェンダーは爪折加工が施されております。

純正OPのフューエルリッドが装着されております。

助手席側サイドですが、運転席側同様に綺麗な状態で、大きな傷は凹みはございません。

アンテナはS2000の純正品に交換されております。

BEAT弱点ポイントの一つであるAピラーのウレタンシールは、残念ながら本車両も多数のひび割れが発生しております。

幌の状態は良好で、破れや切れ、過度な縮みはございません。

ウェザーストリップの状態も良好で、洗車程度の水量では雨漏りもございません。

リアスクリーンもクリアな状態を保っており、十分に後ろの状態を確認可能です。

運転席側のサイドシルです。

本車両は錆が非常に少ないことが一つの特徴ですが、BEATの錆定番ポイントの一つであるサイドシルに錆は見られません。

尚、サイドシル内部の状態確認の様子はこちらをご覧下さい ⇒ HONDA BEAT ボディー状態確認①

助手席側のサイドシルです。

助手席側にも錆は見られません。

こちらもBEATの錆定番ポイントのサイドシル下側ですが、錆は無く、非常に綺麗な状態です。

助手席側も運転席側同様に非常に綺麗な状態です。

大変珍しい純正OPスペアタイヤバケットが装備されておりますフロントボンネット内ですが、錆も無く、綺麗な状態です。

因みに、エアコンはR134aにレトロフィット済みですのでしっかり冷えており、今後も安心です。

また、昨今多くのBEATで見られる、ブレーキ及びクラッチのマスターシリンダーからのフルード漏れですが、本車両では発生していないことを確認済みです。

リアトランクルームですが、状態は大変良好です。

トランクのヒンジ台座部分の錆も少なく、オイルフィラーキャップも新品同様の綺麗さです。

尚、トランクルーム内の確認及び清掃やエアクリーナーケース内部確認の様子はこちらをご覧下さい ⇒ HONDA BEAT エアクリーナーケース確認

本車両のホイールは本物のワタナベホイールが装着されております。

また、ナットも珍しいワタナベの正規品で、前オーナー様の拘りが感じられます。

運転席側フロントホイール及びタイヤの状態としましては、ガリ傷は無く良好な状態です。

タイヤは新しい2019年製のブリジストン製NEXTRYで、サイズは純正と同じ155/65R13となり、残り山は8~9部山程度は残っております。

助手席側フロントホイール及びタイヤですが、こちらも運転席側同様にガリ傷は無く良好な状態です。

因みに、ブレーキパッドも前後共に残り山が十分ですので、当分、タイヤ、ブレーキパッドといった消耗品の交換は必要ございません。

※ブレーキパッド状態確認の様子はこちら ⇒ HONDA BEAT 足廻り状態確認

運転席側リアホイール及びタイヤですが、リアもガリ傷は無く良好な状態です。

リアタイヤはフロントと同銘柄の2019年製のブリジストン製NEXTRYで、サイズは純正と同じ165/60R14となり、残り山は8~9部山は残っております。

助手席側リアホイール及びタイヤですが、こちらも運転席側同様にガリ傷は無く良好な状態です。

内装状態

本車両のハイライトの一つである内装の状態ですが、大きな傷や劣化の見られない大変良好な状態を保っております。

販売前メンテナンスにて徹底的に清掃も行っておりますので、綺麗で清潔感のある状態でご納車させて頂きます。

尚、シートを外して内装を徹底清掃した際の様子はこちら ⇒ HONDA BEAT 内装徹底清掃

全体的に日焼けによる劣化が軽微です。

また、純正OPのスカイサウンドスピーカーからもしっかり音が出ており、そのことからも日光による劣化が少ないことがわかります。

BEATの弱点ポイントの一つである運転席シートの破れですが、本車両は破れが無く、大変良好な状態を保っております。

一度交換された経歴があるのか、もしくは歴代オーナー様達が本当に大事に乗り降りをされていたのか、本当に綺麗な状態です。

ここまで綺麗なシートはなかなかお目にかかれないのではないでしょうか・・・。

座面もヘタリが出やすい部分ですが、目立ったヘタリは見られません。

助手席側は運転席側以上に綺麗な状態が保たれております。

エアコンパネルの日焼けによる劣化も非常に軽微です。

また、これもBEAT弱点ポイントの一つである純正OPスカイサウンドコンポですが、本車両はしっかりと音が出ており現状問題ありません。

120Wタイプであり、既に記載しております通り、スカイサウンドスピーカーからも音が出ておりますので、オープン状態でも良好な音質で音楽をお楽しみ頂けます。

尚、CDチェンジャーの在庫もございますので、お気軽にご相談下さいませ。

シフトノブ及びシフトブーツは交換されて間もないと思われる、新品かと思うほど綺麗な状態であり、しっかりとメンテナンスされて来たことが伺えます。

運転席ドアライニングの状態です。

BEATでは日焼けによる劣化が現れやすいドアライニングですが、本車両は劣化が少ない、非常に良好な状態を保っております。

助手席側のドアライニングです。

運転席側に比べると上面に少し日焼けによる劣化が見られますが、通常のBEATと比べると大変良好な状態と言えます。

運転席側サイドステップ部分です。

乗り降りに伴う傷が入りやすい部分ですが、傷も少なく、良好な状態です。

また、サイドシルガーニッシュも劣化が少ない、綺麗な状態を保っております。

助手席側サイドステップも大変綺麗な状態です。

ドアのヒンジ部分も綺麗な状態であり、ドアライニング固定グロメットも新品に交換済みです。

機関状態

本車両のハイライトの一つである機関状態に関しましては、M.TEC.サージョン様によるOH歴があることに加え、BEAT選びで重要な要素となるボディーの錆が大変少ない、そして修復歴が無く、走行距離がBEATとしては少なめの81,400kmと、様々な点で良好であり、ご安心頂ける状態で御座います。

各部の状態確認を行っていても、実際に試乗を行っても、しっかりとメンテナンスされてきていることが伝わってくるもので、エンジン、ミッション、電装品等含め、現状不具合はございません。

また、エアコンがR134aにレトロフィットされていたり、OHの際にタイミングベルト関連やECU、メインリレー、デストリビューターなども交換済みとのことで、機関関連は本当に良好な状態と言えます。

【エンジンについて】

エンジンに関しましては、現状不具合は御座いません。

しっかりと試乗をしておりますが、エンジンからの異音や吹け上がりのフィーリング等、問題無く、8500r/minのレッドゾーンまで綺麗に拭け上がってくれます。

また、1度OHされているエンジンであり、OH時に各部部品交換及びオーバーサイズピストンが組み込まれていることに加え、無限スポーツサイレンサーやイリジウムプラグ、パワープラグコードなどにより、通常のビートに比べ力感が圧倒的に優れており、みっちりと中身の詰まったエンジンの回り方をすることが特徴です。

明らかにアクセルに対するツキも良いので、街中やワインディングでは本当に気持ち良くドライブして頂けるかと存じます。

また、ブローバイガスのチェックにおきましても問題無いことを確認しておりますので、安心して高回転まで回して頂ければ幸いです。

※エンジンルームチェック及び清掃の様子はこちら ⇒ HONDA BEAT エンジンルーム確認・清掃

※ブローバイガスチェック及び清掃の様子はこちら ⇒ HONDA BEAT エアクリーナーケース確認

【ミッションについて】

OH時に強化クラッチに交換されておりますミッションですが、1~5速、リバーズ含めて、ミッションの入り及びフィーリングに関して問題ありません。

強化クラッチの為、踏力は少し重めですが、半クラッチも容易で、発進性は純正と大差ありません。

フライホイールも交換されておりますので、吹け上がりが非常に鋭く、短いストロークで、カチっと決まるミッションを自ら操作しての運転は何物にも代えがたい喜びを与えてくれます。

【ボディー・シャシーについて】

BEAT選びで『肝』となるボディーは程度極上です。

オープンボディーであるBEATは、クローズドボディーの車両に比べると走行を重ねることによる劣化が進みやすいことは避けられませんが、このBEATは走行距離が81,400kmと少ない為そもそもの劣化が少ないことに加え、ボディーを蝕む錆が少ない為、ボディーの躯体そのものが健康な状態と言えます。

また、修復歴も無いボディーの為、その点も性能的にも気持ち的にもご安心頂けるかと存じます。

シャシーの状態においても、ブリッツ製の車高調整式サスペンションは交換されてからあまり距離を走っていない様で、減衰力もしっかり出ており、減衰力調整機能により、街乗りも問題無い良好な乗り心地から、ワインディングでしっかりしたハンドリングを楽しめる状態まで自由自在にセッティング可能です。

因みに、実走の試走にてヤレ感の少ない良好な乗り味であることを確認しているだけで無く、足廻りのアーム類の状態及びブッシュやゴム類の状態が良好であることを目視でしっかり確認しております。

BEATが持つ、気持ち良い乗り味、ハンドリングを是非お楽しみ頂ければ幸いです。

※足廻り状態確認の様子はこちら ⇒ HONDA BEAT 足廻り状態確認

【電装品・その他について】

電装品においては、ライト、エアコン、コンビメーター、スカイサウンドオーディオ、窓ガラス昇降等全て問題ございません。

スカイサウンドデッキは問題無く動作しておりスカイサウンドスピーカーからもしっかりと音が出ておりますし、BEAT懸案事項の一つであるエアコンもR134aにレトロフィット済みでしっかりと動作していることに加え、長い目で見ても安心です。

また、消耗品に関しましても、タイヤは前後共に新しく山は十分、ブレーキパッドの残量も十分ですし、ブーツなどのゴム類の状態も良好な為、すぐに交換が必要となるものはございません。

車検もR4年11月までとたっぷり残っており、本当にしっかりとメンテナンスされてきた車両であることが伺えますので、安心してご購入頂ける車両かと存じます。

※ブーツ類やブレーキパッド状態確認の様子はこちら ⇒ HONDA BEAT 足廻り状態確認

HONDA BEAT 車両価格

¥ 1,580,000-(税込)
SOLD OUT

お問い合わせ

TORINO CARS(トリノカーズ)
〒573-1138 大阪府枚方市招提北町1丁目2256-1
営業時間 9:00〜18:30 定休日:日曜日

携帯:090-5152-2066
TEL:072-856-0328
Fax:072-856-0327
E-mail:ktorino@nifty.com

To top