自動車メーカー車両開発者が営む中古車販売店

TORINOCARSのお問合せ
携帯 : 090-5152-2066
TEL:072-856-0328

Mail:ktorino@nifty.com
営業時間:9:00〜19:00

在庫車両情報

HONDA S2000(AP2)

H18年式 ホンダ S2000(AP2)

・希少な内外装機関共に程度良好なAP2
・走行距離少ない58,300km
・修復歴無し車両
・メンテナンスバッチリ
・無限、RAYS、RECAROなどカスタマイズパーツ多数装着
・2オーナー車両

車両情報

【車両情報】
メーカー:HONDA(ホンダ)
車種:S2000
グレード:ベースグレード
型式:ABA-AP2
年式:H18年(2006年)
走行距離:58,300km
修復歴:無し
車検有効期限:取得後引渡
エンジン:直列4気筒DOHC2200cc(VTEC)
ミッション:6MT
駆動方式:FR
色:グランプリホワイト
所有者歴:2オーナー

【パワートレイン関連カスタマイズ】
SPOON ハイカム
無限ハイパフォーマンスエアクリーナー
無限エキゾーストマニホールド
J’s RACING製70RSマフラー
リザルトマジック現車合わせECU
・CUSUCO オイルキャッチタンク

【シャシー関連カスタマイズ】
エナペタル E12 フルオーダーメイドサスペンション
RAYS CE28SL(鍛造 17インチ)
YOKOHAMA ADVAN NEOVA AD08R
・RAYS 軽量レーシングナット
・Stradale デフマウントカラー
・Project μ ブレーキローター
・Project μ ブレーキパッド
・前後ステンメッシュブレーキホース

【ボディー関連カスタマイズ】
無限 5点式ロールバー(専用ロールバーカバー付)
・Stradale センタークロスバー

【外装関連カスタマイズ】
S2000 TYPE-S純正フロントリップスポイラ
・K1Laboratory ハイフロートランクスポイラー
・SPOON ブルーワイドドアミラー

【内装関連カスタマイズ】
RECARO RS-G ASMモデル
・Sabelt 4点式レーシングハーネス(3×3inch)
・MOMO Competitionステアリング
・WorksBell ラフィックス
・Defi BFタコメーター80Φ(インジケーター付)
・carrozzeria DEH-970
・Panasonic ETC

アピールポイント

本車両はH18年式の2.2L VTECエンジンを搭載している後期型にあたるAP2モデルであり、走行距離が58,300kmと少ない上に修復歴も無く、外装・内装・機関状態全てが非常に良好な状態である程度極上のS2000となります。

S2000 TYPE-S純正リップスポイラーが装着されているグランプリホワイトの外装は、飛び石による傷のタッチアップ跡や極薄い擦り傷あるものの、大きな傷や凹みは皆無で、塗装状態も大変良好な艶々な状態が保たれています。

劣化の出易いヘッドライトもクリアな状態で、電動開閉となるガラススクリーン付きソフトトップも色あせや縮み、切れはございません。

RECARO RS-G ASMモデルのフルバケットシートやMOMO製ステアリングが装着されている内装は、大変綺麗な状態が保たれており、日焼けによる劣化の少ない清潔感のある室内となっております。

乗り降りによるスレが目立ち易いフルバケットシートであるRECARO RS-Gも大変綺麗な状態を保っております。

また、機関状態に関しましても大変良好な状態で、京都にお住まいの前オーナー様がわざわざ鈴鹿にあるディーラー様に毎回持ち込みでしっかりメンテナンスされており、現状不具合は一切ございません。

走行距離が58,300kmと少ないこともあり、本当にヤレ感の少ない、エンジン、ミッション、ボディーとなっております。

そして、車両の状態が非常に良好であることに加え、冒頭の車両情報に記載致しました様に、車の走行性能を上げるカスタマイズも徹底的に施されております。

パワートレイン関連では、エンジン本体にはSPOONのハイカムが組まれており、吸気は無限ハイパフォーマンスエアクリーナー、排気は無限エキゾーストマニホールドにJ’s RACING 70RSマフラー、そして変更されたハイカムと吸排気系にあわせてリザルトマジックの現車合わせECUでしっかりセッティングされており、まさにHONDAサウンドと言える『パァァァーン』と快音を奏でるエキゾーストサウンドと共に、低回転から高回転までノーマルとは明らかに次元の違う強烈な吹け上がりを実現しています。

私は本田技術研究所時代にドライビングライセンス講習でAP2 S2000を何度も運転しましたが、ここまで吹け上がりが違うのかと驚いたと共に、SPOONのハイカムによる効果も大きく高回転側VTECに入った後の強烈な加速と音はアドレナリンが噴き出す程の快感が襲ってきます。

シャシー関連では、サスペンションにエナペタル E12 フルオーダーメイドサスペンション(減衰力調整付)が装着されており、超軽量なRAYS CE28SLとハイグリップなYOKOHAMA ADVAN NEOVA AD08Rとの組み合わせで、街乗りも十分に可能なしなやかな乗り心地を確保しながら、元々優れるS2000のハンドリング性能に輪をかけて路面に吸い付いて曲がる様な一段と高いレベルに引き上げられています。

そして、飛躍的に向上した動力性能とシャシー性能に加え、修復歴の無いボディーにおいても抜かり無く剛性UPが図られており、無限の5点式ロールバー(専用ロールバーカバー付)に加え、Stradale製センタークロスバーが装着されていることで、元々オープンカーとしては極めて高剛性なS2000 AP2のボディーが更に高剛性化されており、段差での軋みや、スカットルシェイク、コーナリングでの車体前後の捻じれといった現象とは無縁の極めて質感の高い乗り味を実現するボディーとなっています。

以上の様に、1流メーカーのカスタマイズパーツが多数装着されており、各部の程度が大変良好な車両となりますが、残念ながら流通しているS2000においては走行距離が進んでいたり、修復歴のある車両が多いのが現状です。

更に、完成度の高いAP2モデルは数自体が少ない為、走行距離が少なく、修復歴の無い状態の良いAP2車両は大変希少な存在になりつつあります。

この度は大変ありがたいことに仕事上の知人からのご縁で本当に大切にされてきたこのS2000の買取をさせて頂きましたが、次も大事に所有して頂けるオーナー様にお譲り出来ましたら幸甚であると考えております。

※販売前メンテナンスとして各部清掃や状態確認を行った際の様子をブログに記載をしておりますので、宜しければメンテナンスの様子を併せてご覧頂ければ幸いです。

メンテナンスの様子はこちら ⇒ HONDA S2000 販売前メンテナンス

外装関連

グランプリホワイトカラーの外装は、飛び石による小さな傷や一部の塗装のひび割れを除き、大きな傷や凹みは無く、大変良好な状態です。

塗装状態も退色や剥げなどは無く、艶も十分な状態が保たれております。

TYPE-S純正リップが追加装備されているフロントですが、後述致します軽度な塗装ヒビや飛び石による小さな傷を除き大きな傷や凹みはございません。

ヘッドライトも曇り無くクリアな状態が保たれております。

※フロントバンパーを外してボディーの状態確認及び清掃の様子はこちら ⇒ ボディー状態確認①

助手席側バンパーの小さな塗装のヒビの状態です。

TYPE-Sのフロントリップにもタッチアップ跡と少し塗装のヒビが見られます。

K1Laboratory ハイフロートランクスポイラーが装着されているリアですが、薄く小さな傷を除き、大きな傷や凹みは無く、気になる点は特にございません。

K1Laboratory ハイフロートランクスポイラーはボルト固定されておりますが、純正のストップランプもございますので、純正に交換後のご納車も可能です。

※リアバンパーを外してボディーの状態確認及び清掃の様子はこちら ⇒ ボディー状態確認②

トランクの塗装状態も大変良好で艶も十分にございますが、計8カ所、GTウィング取り付けの穴が空いており、現状はボディー同色のプラグにて塞いでいる状態です。

3D形状のGTウィングも手元にございますので、ご希望で御座いましたら装着した状態でご納車させて頂くことも可能です。

お気軽にご相談頂けましたら幸いです。

本車両のマフラーはJ’s RACING製の70RSマフラーが装着されております。

無限のエキゾーストマニホールドと相まって、まさにHONDAサウンドと言える『パァァァーン』と弾ける様な快音を奏でてくれます。

サイレンサーも付属致しますので、音の大きさが気になる方も安心です。

運転席側サイドですが、擦り傷やドアパンチ等による凹みも一切無い、大変綺麗な状態です。

艶も十分にございます。

助手席側サイドも気になる点は無く、大きな傷や凹みは皆無であり、大変綺麗な状態です。

ホイールはRAYS製のCE28SLが前後共に装着されております。

このホイールは鍛造の1ピース製法で元々軽量、高剛性が特徴ですが、このSLは通常のCE28に比べ、更に軽量化を突き詰めたモデルとなります。

ホイールハウス清掃の際に取り外しを行いましたが、ビックリするぐらい軽かったです・・・。

加えて、ホイールナットもRAYS製の軽量なレーシングナットが装着されており、RAYS盗難防止ナットも装着されておりますので安心です。

※足廻りの確認及び清掃の様子はこちら ⇒ 足廻り状態確認

運転席側フロントホイール及びタイヤの状態ですが、ガリ傷は一切無く良好な状態です。

ホイールはRAYS CE28SLでサイズは17×7.5J+48となります。

タイヤは2019年製のYOKOHAMA ADVAN NEOVA AD08R、サイズは225/45R17で、残り山は7~8部程度残っております。

因みに、サスペンションはエナペタルのE12フルオーダーメイドサスペンションが装着されており、ブレーキ関連は、プロジェクトμ製のローター及びパッド、ブレーキホースもステンメッシュに交換されております。

助手席側フロントのホイール及びタイヤですが、こちら運転席側同様に大変綺麗な状態で、タイヤの残り山も十分です。

運転席側リアホイール及びタイヤの状態ですが、リアもガリ傷は一切無く良好な状態です。

ホイールはRAYS CE28SLでサイズは17×9J+63となります。

タイヤは2019年製のYOKOHAMA ADVAN NEOVA AD08R、サイズは255/40R17で、残り山は7~8部程度残っております。

また、リアのブレーキ関連は、フロントと同様に、プロジェクトμ製のローター及びパッドが装着されており、ブレーキホースもステンメッシュに交換されております。

助手席側リアホイール及びタイヤですが、他のホイールとタイヤ同様に大変良好な状態です。

運転席側のサイドシル下側ですが、錆やつぶれは無く、大変綺麗な状態です。

助手席側のサイドシル下側ですが、こちらも錆やつぶれは無く、大変綺麗な状態です。

センターフロアトンネル部にはStradale センタークロスバーが装着されており、無限の5点式ロールバーと相まって元々の非常に高いボディー剛性に輪をかけて高剛性化が達成されています。

デフマウント部にはStradale デフマウントカラーが装着されております。

デフの無駄な動きを押さえてダイレクトなレスポンスを堪能できます。

カラー装着による異音などの発生もございません。

電動開閉が可能な幌は、縮みや色あせといった劣化が極めて少ない、大変良好な状態です。

当然、洗車程度の水量、水圧では全く雨漏りもございません。

エンジンルームの状態ですが、手入れが行き届いている大変綺麗な状態が保たれております。

エンジン関連のパーツに関しては後述致します。

内装関連

様々なカスタマイズが施されている内装は、ダッシュボード上面のビス穴を除き、大きな傷や目立った劣化の無い、大変綺麗な状態が保たれております。

特に日焼けによる劣化が少ないことが特徴で、色褪せやひび割れ等は全くございません。

内装においてはシートまで外して徹底的に清掃を行っておりますので、清潔感のある綺麗な状態でご納車させて頂きます。

内装徹底清掃の様子はこちら ⇒ 内装徹底清掃

助手席から見たところですが、特に気になる点は無く、大変綺麗な状態です。

内装における唯一のマイナスポイントと言える、運転席ダッシュボード上のビス穴です。

運転席側シートには大変状態の良いRECARO製のRS-G ASMモデルが装着されております。

しっかり体を支えてくれる為、スポーツドライビングに適していることはもちろんのこと、座り心地も大変良好で、疲れや腰痛とも無縁な本当に優れたシートです。

シートレールもRECARO製であり車検も問題ありません。

乗り降りによる劣化が出やすいシートのサイドサポート部のこの様にスレが無く、大変綺麗な状態です。

また、運転席側にはSabelt 4点式レーシングハーネス(3×3inch)が装備されており、サーキット走行もお楽しみ頂けるかと存じます。

サーキット走行に不可欠であり、剛性UPも実現している無限の5点式ロールバーが装着されております。

更に専用ロールバーカバー付の為、リアバルクヘッドは純正然としており、後付け感の少ない、本当に綺麗な取り付けがなされております。

助手席シートは純正ですが、使用感の少ない大変綺麗な状態です。

サイドサポート部や座面も革のヒビ割れ等無く、新車同様の状態と言えます。

乗り降りに伴う傷が入りやすいサイドシルガーニッシュですが、傷の少ない大変綺麗な状態が保たれており、前オーナー様がこのS2000を大切に扱われていたことが伺えます。

助手席側は運転席側よりも更に綺麗な状態です。

運転席ドアライニングですが、日焼けによる劣化が極めて少ない、大変良好な状態が保たれております。

ウィンドウスイッチベース部の傷も少なく、乗り降りに伴い傷の入りやすいスピーカーカバー部も大変綺麗な状態です。

助手席側も運転席側同様に大変綺麗な状態で、気になる点はございません。

センターコンソール部分ですが、使用感の少ない、大変綺麗な状態です。

純正のシフトノブもスレや剥げ、革のテカリが少なく、良好な状態です。

シフトブーツもひび割れ等ございません。

オーディオユニットはcarrozzeria 製のDEH-970が装着されております。

Bluetoothはもちろんのこと、USBデバイスやiPhone接続、そしてSDカードにも対応している為、お好きな音楽をお好きな方法でお楽しみ頂くことができます。

更に、高音質に拘ったモデルの為、高品質なパーツが使われていることをはじめ、タイムアライメントやオートイコライザー機能などが搭載されており、車のオーディオでも高音質に拘るお客様にもご満足頂けるかと存じます。

スポーツドライビング時のエンジン回転数把握が容易になるDefi BFタコメーター80Φが装着されております。

任意の回転数でワーニング表示可能なインジケーター付ですので、オーバーレブ防止などに大変有効です。

更に、ピークメモリー機能も搭載している為、何回転までエンジンが回ったかなどを確認することも可能です。

ステアリングはMOMO Competitionが装着されております。

状態は大変良好で、傷やスレ、テカリは全くございません。

状態の良い純正ステアリングもございますのでご納車の際にはお渡しさせて頂きます。

WorksBellのラフィックスも装着されている為、ステアリングを極めて容易且つ瞬時に脱着が可能です。

盗難防止に大変有効であることに加え、乗り降りの際にもステアリングを取り外しておくことで乗降性の向上にも役立ちます。

ETCはPanasonic製のセパレートタイプETCが装着されており、車載器は助手席ダッシュボード下に取り付けられております。

ラゲッジルームも気になる汚れや傷は無く、綺麗な状態です。

クリップなどの欠品も無く、この下にはジャッキなどが収納されております。

ジャッキなどが収納されている発砲スチロールを取り外したところですが、シミも無く大変綺麗な状態ですので、雨漏れ等も無いことが伺えます。

機関関連

本車両はエンジン内部まで手が加えられており、SPOON製のハイカムが装着されております。

ハイカムとは、カム山のリフト量UPとバルブの開弁角を広げることができるもので、純正よりも確実な出力UPが可能となります。

通常の車でハイカムを装着すると低回転域の出力ダウンが発生してしまいますが、S2000のF22CエンジンはVTECにより、低回転用のカム山と高回転側のカム山を使い分けることができるので、低回転側を犠牲にすることなく高回転域の出力UPが可能です。

実際のフィーリングも、無限エキゾーストマニホールドやJ’s RACING製70RSマフラー、無限ハイパフォーマンスエアクリーナー、そしてリザルトマジック現車合わせECUにより、本当に強烈な吹け上がりと、高回転まで一気呵成に回りきるフィーリングを実現しています。

F22CはF20Cに比べて高回転域の勢いが少し劣る印象ですが、この車両では本当に強烈に吹け上るので、高回転域でも全く勢いが落ちることなく一瞬で拭け切ってしまいます。

出力は測定しておりませんので定かではありませんが、純正に比べてフィーリングだけでなく確実に最高出力も向上していると断言できます。

無限のエキゾーストマニホールドも装着されております。

純正のエキゾーストマニホールドも4-2-1集合の効率の良いものですが、どうしても生産性やコストとの兼ね合いで性能面で妥協点があることも事実です。

対して、この無限のエキゾーストマニホールドは実際にベンチテストを行って形状を決めており、低回転域から高回転域まで全域で出力向上が可能となっております。

吸気系には無限ハイパフォーマンスエアクリーナーが装着されております。

S2000の吸気系は、純正でも円錐型の効率の良いエアクリーナーエレメントを採用しておりますが、吸気口はエンジンルーム内にあり、どうしても高温の空気を吸ってしまうことで出力的には不利な要素もあります。

対して、この無限ハイパフォーマンスエアクリーナーはエアクリーナーエレメントが損失の少ないものであることに加え、吸気口がラジエター前まで伸びており、バンパーから入る温度が低く空気密度の高い空気を吸うことができ、確実に出力UPを狙える構造となっております。

更に、十分に広い断面積を持ったまま吸気口の長さを長くしていることで低回転域の出力向上も狙っていることが伺えます。

エンジンの出力向上には『良く吸って』『良く燃やして』『良く吐いて』が基本ですが、良く吸っての部分はこの無限ハイパフォーマンスエアクリーナーとSPOONハイカムで実現し、『良く燃やして』の部分はリザルトマジック現車合わせECUで実現し、そして『良く吐いて』の部分を無限エキゾーストマニホールドとJ’s RACING製70RSマフラーで実現しており、しっかりと出力向上に不可欠な要素を抜かりなく理にかなった状態でカスタマイズされていることが本車両の大きな特徴と言えます。

機関状態全般に関してですが、本車両はそもそも走行距離が58,300kmと少ない為、走行による各機関状態の劣化が少ないことに加え、しっかりと整備をされてきた車両の為、機関状態としましては大変良好な状態です。

エンジン、ミッション、ボディー、シャシーそれぞれの状態が良い状態に保たれている為、S2000が本来持つ素晴らしい乗り味を味わうことが出来る車両と言えます。

更に、理にかなった、確実に性能向上が可能なカスタマイズが施されていることで、純正よりも更にもう一段階高い性能までも味わうことができます。

S2000は、状態の良い車両から状態の良くない車両まで様々な車両が流通しておりますが、メンテナンスがずさんであったり、理にかなっていないカスタマイズパーツがポン付けされていたり・・・要するにS2000のもともと持っている高いバランスを崩してしまっている車両が多いことも事実です。

本車両はメンテナンスをしっかりされてきており、更にボディーも錆は少なく修復歴無しと基本骨格の状態が良いことに加え、S2000の特徴を伸ばす方向のカスタマイズが加えられていることで、より次元の高い楽しさ、気持ち良さを安心してお楽しみ頂ける車両であると自負しております。

【エンジンについて】

エンジンに関しましては、現状不具合は御座いません。

しっかりと試乗をいたしましたが、エンジンからの異音や吹け上がりのフィーリング等、問題無く、8000r/minのレッドゾーンまで凄い勢いで一気呵成に綺麗に拭け上がってくれます(レブは9000r/minの設定の様ですが、レッドゾーンである8000r/minまでしか確認しておりません)。

オイル漏れや滲みも無く、前オーナー様はエンジンオイルをHONDA純正ULTRA GOLDをご使用になられておりましたのでその点も安心です。

ホンダのエンジンはちゃんとメンテナンスをしていれば本当に丈夫ですので、安心してお乗り頂けるかと存じます。

【ミッションについて】

1~6速、リバーズ含めて、ミッションの入り及びフィーリングに関して問題ありません。

走行距離が少ない為、シンクロの状態も良好と考えられ、高回転でシフトしても引っ掛かり無く綺麗にシフトチェンジが可能です。

当然、クラッチ等からの異音もございません。

美味しい回転数を保ちながら、FRならではの極めて高剛性、且つショートストロークでカチッカチッと決まるミッションを操ってS2000を運転するという行為は、何物にも代えがたい喜びがあります。

【ボディー・シャシーについて】

オープンカーであるS2000選びにとって大変重要な要素であるボディーに関しては、走行距離が少ない上に、錆も少なく、そして修復歴も無い為、大変状態が良いです。

オープンボディーであるS2000は、クローズドボディーの車両に比べると走行を重ねることによる劣化が進みやすいことは避けられませんが、このS2000は走行距離が58,300kmと少ないことに加え、無限の5点式ロールバーまで装着されており、そもそもの劣化が少なくなっています。

更に、S2000は凝った構造による極めて高剛性なボディーを持っており、各部の絶妙なバランスにより素晴らしい性能が担保されていると言え、修復歴のあるボディーは避けておくことが無難であると思います。

しかしながら、現状流通している車両においては修復歴のある車両が多いのが実情ですが、本車両はバンパーまで外して修復歴が無いことを確認しておりますので、その点安心して頂くことができ、S2000が本来持っている高剛性ボディーによる優れた乗り味、ハンドリングを味わうことができるかと存じます。

当然、シャシーも走行距離が少ない為に劣化が少ない状態であり、エナペタルE12サスペンションの状態、アーム類、ゴム部品の状態も良好な為、乗り味もヤレ感の無い非常に良好な状態が保たれています。

因みに、実際の走行フィーリングだけでなく、足廻りのアームやブッシュ類、ゴム部品の状態も問題無く良い状態であることを確認しておりますので、その点ご安心頂ければ幸いです。

※足廻りの確認及び清掃の様子はこちら ⇒ 足廻り状態確認

【電装品・その他について】

電装品においては、エアコン、ライト、オーディオ、幌の開閉、窓ガラス昇降等全て問題ございません。

また、消耗品に関しましても、タイヤは前後共に山は十分、ブレーキパッドの残量も十分ですし、エンジンオイル、ミッションオイル、ブレーキオイル等も定期的に交換されてきている為、すぐに交換が必要となるものはございません。

HONDA S2000 車両価格

SOLD OUT

お問い合わせ

TORINO CARS(トリノカーズ)
〒573-1138 大阪府枚方市招提北町1丁目2256-1
営業時間 9:00〜18:30 定休日:日曜日

携帯:090-5152-2066
TEL:072-856-0328
Fax:072-856-0327
E-mail:ktorino@nifty.com

To top