自動車メーカー車両開発者が営む中古車販売店

TORINOCARSのお問合せ
携帯 : 090-5152-2066
TEL:072-856-0328

Mail:ktorino@nifty.com
営業時間:9:00〜19:00

在庫車両情報

2021.12.08

Mercedes-AMG GLC43 4MATIC

・新車同様といえる程度極上
・新車時より車庫保管車両
・雨天走行ほとんど無し
・レザーエクスクルーシブPKG付
・車検2年付き
・1オーナー車

【車両情報】
メーカー:Mercedes Benz
車種:GLC
型式:CBA-253964
グレード:AMG GLC43 4MATIC
年式:H30年(2018年)
走行距離:21,995km
修復歴:無し
車検有効期限:令和5年11月29日
エンジン:V型6気筒DOHC 3000cc 直噴ツインターボ
ミッション:9AT
駆動方式:4WD
色:ポーラーホワイト
所有者歴:1オーナー

H30年式 Mercedes-AMG GLC43 4MATIC

・新車同様といえる程度極上
・新車時より車庫保管車両
・雨天走行ほとんど無し
・レザーエクスクルーシブPKG付
・車検2年付き
・1オーナー車
・室内異音対策済み車両

車両情報

【車両情報】
メーカー:Mercedes Benz
車種:GLC
型式:CBA-253964
グレード:AMG GLC43 4MATIC
年式:H30年(2018年)
走行距離:21,995km
修復歴:無し
車検有効期限:令和5年11月29日
エンジン:V型6気筒DOHC 3000cc 直噴ツインターボ
ミッション:9AT
駆動方式:4WD
色:ポーラーホワイト
所有者歴:1オーナー

【純正OP装備品】
・レザーエクスクルーシブパッケージ
・AMGプレミアムフロアマット
・AMGホイールセンターキャップ
・ステンレスフットレスト
・リバーシブルラゲッジマット
・リアスカッフプレート

【社外装備品】
・スロットルコントローラー(PPT)
・前後ホイールスペーサー

【車両諸元】
1)エンジン出力:367ps/5500~6000rpm 
2)エンジントルク:53.0kgfm/2500~4500rpm
3)0-100km/h加速:4.9
4)全長:4670mm 全幅:1930mm 全高:1640mm
5)車両重量:1920kg
6)燃費:10.3km/L(JC08モード)

アピールポイント

本車両は大変パワフルなV6 3000cc 直噴ツインターボエンジン(最高出力367PS、最大トルク53.0kgf・m)や、AMGスポーツエアサスペンション(AIR BODY CONTROL)、AMG 4MATIC、AMGスポーツエキゾーストシステムなど走りの質を高める専用装備、そして各部ブラックアウトされたナイトパッケージ含めた専用内外装を採用しているAMGモデルとなります。

因みに、本車両は代表である私の愛車で、本当に大切に扱ってきた車両であり、1オーナー、修復歴無し、板金歴無しの車両となります。

異常なほどに大切にしてきた車両ですので状態は新車同様と言える状態であり、新車時から車庫保管で、雨天走行は恐らく片手で数える程です。

外装においては傷といえるものは全く無く、塗装においてもウォータースポットや、欧州車特有のモールの錆もほとんどありませんし、内装においても大変綺麗な状態で、室内保管でしたので、各部の日焼けによる劣化もございません。

助手席及び後席は土足厳禁で、乗り降りの際にもシートにヘタリが出ない様に気を付けておりましたので、本革シートの状態も大変良好です。

機関状態も最高の状態で、21,995kmの現在、ようやく各部が馴染んで慣らしが完了したというレベルです。

更に、車検を2021年11月29日に取得したばかりのほぼ2年付きで、その際にディーラーにてエンジンオイル(AMG用オイル229.5)交換、オイルフィルター交換、エアクリーナーエレメント交換、スパークプラグ交換、ブレーキフルード交換など多数のメンテナンス実施済み、10月にはアライメント調整も実施済みの為、今後も調子の良い状態で安心してお乗り頂けるかと存じます。

装備に関しては、レザーエクスクルーシブパッケージ付きですので、本革シートやブルメスターサラウンドサウンドシステム、パノラミックスライディングルーフなどが装備されており、更に純正オプションにてAMGプレミアムフロアマット、AMGセンターキャップ、ステンレスフットレスト、リバーシブルラゲッジマット、リアスカッフプレートなど多数のオプション品も装備しております。

純正品以外の追加装備品としましては、スロットルコントローラー(PPT)と前後ホイールスペーサーを装着しております。

最後に、AMG GLC43は内装異音が多い車両であり、本車両も当初は異音が多く大変困ったものでしたが、時間をかけてあらゆる部分の異音対策を徹底的に実施致しましたので、現在は異音がほとんど発生せず、快適にドライブをお楽しみ頂ける状態となっています。

恐らく、日本一異音の少ないGLC43ではないでしょうか。。。

とにかく綺麗で状態の良いMercedes AMG GLC43をお探しのお客様におかれましても、新車と大差無い状態を維持している本車両においては必ずやご満足頂けるものと自負しておりますので、是非ご検討頂けましたら幸いに存じます。

※販売前メンテナンスとして各部清掃や状態確認を行った際の様子をブログに記載をしておりますので、宜しければメンテナンスの様子を併せてご覧頂ければ幸いです。

メンテナンスの様子はこちら ⇒ AMG GLC43 販売前メンテナンス

外装関連

AMG GLC43専用のスポーティーな装備が満載の外装においては、小さなものを含めても傷や凹みは一切無く、まさに新車同様と言える状態です。

ボディーカラーは数の少ないポーラーホワイトで、ナイトパッケージの各部ブラックアウトされた部分と相まってスポーティーな佇まいとなっております。

※外装清掃の様子はこちら ⇒ AMG GLC43外装清掃

新車時にガラスコーティングを施工済みで、保管は完全屋内保管、雨の日には基本的に乗っておりませんでしたので、塗装面におけるウォータースポットなどの付着は最小限で、ツルツル、ピカピカな状態です。

洗車回数も少ないですので(もちろん手洗い)、洗車傷も少ない状態を保っております。

ダイヤモンドグリルが装備されているフロントですが、高速道路でも飛び石が怖く車間距離をしっかりとって走行していたので、飛び石による傷もほとんどございません。

各部ブラックアウトされているナイトパッケージにより、本来はメッキであるリップスポイラー部分やサイドエアガーニッシュ部分も精悍なブラックとなっており、素直にカッコ良いです。

ヘッドライトにはLEDインテリジェントライトシステムが搭載されており、カメラを用いてアップライト時に前車や歩行者だけを遮蔽して明るい視界を確保する機能も搭載されております。

ヘッドライトの曇りやくすみも一切ございません。

リアにおいても気になる傷や凹みは一切ございません。

荷物の出し入れも細心の注意を払っていたので、バンパー上部も傷はございません。

テールゲートは電動開閉で、キックセンサー付ですので、バンパー下に足を入れるだけで自動開閉してくれます。

リア廻りもナイトパッケージに伴うブラックアウト処理がされており、ガーニッシュやGLC43専用のマフラーエンドパーツも装着されております。

また、マフラーは専用のAMGスポーツエキゾーストシステムが搭載されており、窓を閉めていても乾いた高音の排気音が「フォーン」と室内に響いてきて、本当に気持ち良いです。

AMGのエンブレムとAMGステッカーがAMG車両である証です。

窓ガラスのステッカーは全て剥がしましたが、このステッカーのみ残しました。

運転席サイドですが、傷はもちろん、ドアパンチによる軽微な凹みもありません。

駐車場では必ず端っこに寄せて停めておりましたし、端っこに停めれない時はお店を変えたりしていました。

車を大切にしている方にはこの気持ちわかって頂けるかと思います。

助手席側サイドも同様に小さなものまで含めて傷や凹みは皆無です。

ナイトパッケージにより、サイドミラーとウィンドウモールもブラックアウトされております。

欧州車のウィンドウモールは錆が出やすいですが、車庫保管だった為、錆は一切発生しておりません。

車両をスポーティーに見せてくれるランニングボードが装着されておりますが、全席部分において決して踏むことはしなかったので、傷はございません。

傷が目立ち易いグロスブラックのBピラーの傷もほとんど気にならないレベルです。

パノラミックスライディングルーフによりブラック処理されているルーフ部分も、ウォータースポットなどの付着は無く、綺麗そのものです。

同じくブラックのルーフレールも大変綺麗な状態です。

運転席側フロントホイール及びタイヤの状態です。

ホイールは20インチのGLC43専用のAMGマルチスポークホイールで、ガリ傷は一切ありませんし、大きな段差を通過する際には必ずスピードを落としたりしておりましたので損傷や曲がり等もございません。

尚、ホイールのセンターキャップは新車時にOP選択しましたAMGホイールセンターキャップを装着しております。

タイヤにおいては乗り心地の向上を求めてFALKENのAZENIS FK510に交換済みであり、交換後の走行距離が5,000km程ですので残量は7mm残っております。

更に、2021年10月にはアライメント調整も実施しております。

助手席側側フロントホイール及びタイヤの状態です。

こちらも運転席側同様にガリ傷や曲がりは一切ございません。

因みに、ホイール裏側やホイールハウス内まで徹底的に清掃済みで、ブレーキパッド残量や各部状態も確認済みの為、安心してお乗り頂けます。

※外装清掃の様子はこちら ⇒ AMG GLC43足廻り清掃

運転席側リアホイール及びタイヤの状態です。

リアにも20インチのAMGマルチスポークホイールが装着されておりますが、リアにおいてもガリ傷などは皆無です。

また、リアタイヤもフロントと同様にFALKENのAZENIS FK510に交換済みであり、残量は7mm残っております。

尚、リアにおきましては、GLC43専用装備であるフェンダーエクステンションが装着されていることもあり、純正では少し引っ込んで見えますので、ホイールスペーサーを装着してツライチセッティングとしております。

助手席側リアホイール及びタイヤの状態です。

他の部分と同様にガリ傷などの瑕疵は一切ございません。

内装関連

内装においては極めて綺麗な状態を保っております。

気になる傷はございませんし、屋内保管でしたのでダッシュボードの焼けなども全くございません。

助手席及び後席は土足厳禁できたのでフロアマットなども新品同様の状態です。

また、禁煙車両、ペット同乗歴無しで、車内での飲食もしない様にしておりましたので、匂いや汚れもございません。

※内装清掃の様子はこちら ⇒ AMG GLC43内装清掃

助手席側から見たところですが、特に気になる点は無く、綺麗そのものです。

ダッシュボードはステッチ入りのレザーARTICO(人工皮革)が貼られており、高級感ある内装となっております。

運転席側フロントシートです。

本車両はレザーエクスクルーシブPKG付きですので、本革シートとなっております。

サイズの大きなシートは様々な調整が可能であり、座り心地も抜群です。

乗り降りの際にはシートに負荷がかからない様に必ずサイドシルに手をついてから乗り降りしていたので、シートの痛みも最小限です。

シートヒーターももちろん完備です。

乗り降りに伴い痛みが出やすいシートの座面ですが、この様にシワやスレが最小限の状態を保っています。

気にせずに乗り降りされていた車両では必ずこの部分に痛みが出ておりますので、他の車両と比べて頂ければ如何に状態が良いかご理解頂けるかと存じます。

助手席側フロントシートです。

こちらのシートも極めて良好な状態を保っています。

後席シートもフロントシート同様に気になる点は無く、大変綺麗な状態です。

後席は子供が乗車しておりましたが、カバーをかけた状態で座っていたので、スレや汚れは一切ございません。

リアシートにおいてもシートヒーターが装備されておりますので、後席の方にも快適に過ごして頂けます。

センターコンソール部分はブラックアッシュウッドが用いられている高級感のあるものとなっております。

当初はセンターコンソール内部から異音が出ておりましたが、徹底して異音処理を行うことで異音は解消しており、気持ち良いドライブが可能です。

センターコンソールに装備されているCOMMANDシステムコントローラー部分です。

このコントローラーを用いて、COMMANDシステムのナビやオーディオなどの操作を行います。

また、周りにあるボタンで、サスペンションの硬さの切り替えやドライブモードの選択などを行うことができます。

ナビゲーションシステムは最新バージョンの地図に更新済みです。

バックカメラはもちろんのこと、360°サラウンドビューカメラも装備されていますので、車庫入れも安心して行うことができます。

地デジの視聴可能で御座います。

※運転中は視聴できませんが、走行中の視聴をご希望の方はご相談下さいませ。

本車両にはブルメスターサラウンドサウンドシステムが搭載されております。

システムとしては、13個のハイパフォーマンススピーカーに9チャンネルアンプの組み合わせですが、特徴的なのは、前席足元にある2つのスピーカー(FrontBassウーファー)で、バルクヘッド部の空間容積をエンクロージャーとして利用するサブウーファーとして機能している点です。

この構造のおかげで、極めて伸びのある豊かな低音を響かせてくれています。

小さい音量でも原音に忠実な良い音であることが感じ取れますが、音量を上げた際には鳥肌が立つほど良い音です。

サラウンド効果を変えたり、音場の設定なども変更可能です。

パノラミックスライディングルーフが装着されております。

後席も含めかなり大きな面積がサンルーフとなっており、明るい開放的な室内空間を実現してくれています。

もちろん、サンシェードを電動開閉することができますので日光を遮ることも可能で、ガラス面の開閉して風を感じることも可能です。

本車両にはエアバランスパッケージが装備されております。

エアバランスパッケージにはパヒュームアトマイザーが装備されており、車内をほのかな良い匂いで満たしてくれます。

パヒュームアトマイザーは1年前に交換済みですので、まだ2/3程度の残量があります。

AMG専用デザインのヘッドアップディスプレイも装備されています。

写真では小さく見えますが、実際に見えるサイズはかなり大きく、タコメーターとスピードなどの情報が見やすく表示されます。

運転席側フロントのドアライニングです。

ドアライニングも極めて綺麗な状態を保っております。

また、ライニングにはステッチ入りのレザーARTICO(人工皮革)が貼られており、高級感はかなりのものです。

因みに、ドアライニング内部の異音処理も徹底的に行っており、走行中の異音が無いことをはじめ、ドアを閉めた際の音が『バスッ』と余韻の一切無い、高級感のある音となっております。

乗り降りの際にかなり気をつかっておりましたので、傷の入りやすいドアライニング下部も傷は一切ございません。

助手席側フロントのドアライニングです。

運転席側同様に非常に綺麗な状態を保っております。

運転席側リアのドアライニングです。

こちらも綺麗な状態です。

傷が付かない様に子供の乗り降りの際は抱っこしていたので傷もありません。

子供にとってはうるさい親だったと思います。。。

助手席側リアのドアライニングです。

こちらも他のドアと同様に何も気になる点は御座いません。

運転席フロントサイドシルです。

この部分も乗り降りに伴う傷が入りやすい部分ですが、この様に傷は全くございません。

また、AMGロゴが綺麗に発光するステンレススカッフプレートも装備されております。

助手席フロントサイドシルです。

こちらも傷はございません。

運転席リアサイドシルです。

ドアライニングのところでもご紹介致しましたが、子供が傷をつけない様に気をつかっていましたので、乗り降りに伴う傷はございません。

また、標準状態ではリアはスカッフプレート未装着ですが、新車時のオプション選択でリアスカッフプレートを装備しております。

助手席リアサイドシルです。

こちらも気になる傷などは無く、極めて綺麗な状態です。

本車両のフロアマットはオプション選択となるAMGプレミアムフロアマットを装備しております。

助手席とリア席は土足厳禁でしたので、新品同様の状態を保っております。

運転席側においても販売前メンテナンスで綺麗に清掃済みですので、ヤレ感の無い綺麗な状態です。

スポーティーなステンレス製のペダル類も大変綺麗な状態です。

また、オプション選択でステンレスフットレストを追加装着しております。

純正OP品ですので、デザイン的にアクセル・ブレーキペダルとも完璧にマッチしており、足を置いた際も硬い感触が伝わってきて踏ん張りがききますので運転し易くなります。

ラゲッジルームです。

かなり広いラゲッジルームで、大きな荷物も積み込むことができます。

また、オプション選択したリバーシブルラゲッジマットも装着しております。

因みに、ラゲッジボードが汚れない様にと本マットを選択したにも関わらず、このマットの上に更にシートを引いて使用していたのでマットも汚れはございません。

何をしてるんだか・・・という感じですね。

リバーシブルラゲッジマットを外した状態です。

新車時にラゲッジマットを装着しておりますので、ラゲッジボードは新品状態と言えます。

このボードを上げるとかなり広いスペースが現れます。

テールゲート側のライニング部分です。

この部分も傷の入りやすい部分だと思いますが、本車両は傷は無く大変綺麗な状態です。

因みに、この部分からも当初は異音が出ておりましたが、全て脱着し異音対策を行いましたので、段差通過時にも異音が無い、快適な室内空間になっております。

運転席ダッシュボードにあるライトコントロール部分と運転支援装置のスイッチ部分です。

本車両にはレーダーセーフティパッケージが装備されておりますので、いわゆるアダプティブクルーズコントロール機能であるディストロニックプラスに加え、ハンドルまで操作をしてくれるレーンキーピングアシストやブラインドスポットアシストなど様々な安全運転を支援してくれる装備が満載です。

ディストロニックプラスは白線に沿ってハンドル操作までしてくれるので高速道路などでは本当に疲労の少ない運転を可能にしてくれます。

私は、この車はアクセル操作一つまで運転が楽しいので、ほとんど使用しませんでしたが。。。

追加装備として、スロットルコントローラーを装着しております。

見えない位置且つ、操作し易い箇所に設置致しました。

スロットルコントローラーは、出足が少しゆっくりなメルセデス特有のスロットルセッティングをダイレクトにしたく装着したもので、アクセルの踏み込み加減に対してリニアに出力が出る様になったので、気持ち良い加速ができる様になります。

リア席用のエアコン吹き出し口が装備されておりますので、シートヒーターと相まって後席の方も快適な空間でお過ごし頂けます。

機関関連

機関状態に関してもまさに今が最高といえる状態で、21,995kmの現在ようやく慣らしが完了したというレベルであり劣化が極めて少なく、まさに程度極上です。

このGLC43は本当に慣らしに時間がかかった印象で、20,000kmを超えて乗り心地が質感の高いしなやかなものになって、エンジンも硬さが無く軽く吹け上る様になり、まさにメルセデスライドと言える乗り味を実現してくれています。

負荷の高い状態で距離を重ねることを前提に開発されている欧州車にとっては『まさにこれから』といったところと言え、エンジン、ミッション、ボディー、シャシーそれぞれの状態に関しては後述致しますが、全般的にヤレなど一切感じない、新車同様の乗り味が保たれております。

更に、車検を2021年11月29日に取得したばかりのほぼ2年付きで、その際にディーラーにてエンジンオイル(AMG用オイル229.5)交換、オイルフィルター交換、エアクリーナーエレメント交換、スパークプラグ交換、ダストフィルター交換、ブレーキフルード交換、ワイパー交換など多数のメンテナンス実施済み、2021年10月にはアライメント調整も実施済みの為、今後も調子の良い状態で安心してお乗り頂けるかと存じます。

【エンジンについて】

エンジンに関しましては、現状不具合は一切ございません。

私の愛車ですので常日頃からしっかり感じ取っておりますが、エンジンからの異音や吹け上がりのフィーリング等、全て問題ございません。

搭載されているエンジンはこの車の一つのハイライトと言えるもので、AMGセッティングとなる3.0L V6直噴ツインターボエンジンが搭載されており、出力及びトルクは、出力367ps・トルク53.0kg/mですので、車格に対して十二分以上の力があり、6気筒というマルチシリンダーらしい高級感のある粒の細かさを感じることができます。

数値的には0-100km/h加速が4.9秒ですので下手なスポーツカーよりも加速性能は良く、1速発進となるスポーツモードで踏み込めば怖いレベルの加速力です。

また、排気量が3.0Lと昨今のダウンサイジングが進む中では確実に大きめであることに加え、直噴であるが故、圧縮比が10.5と高め(直噴による燃料冷却により燃焼室内温度を低く出来、点火時期を進めてもノッキングを抑制できる)な為、極低回転から十分以上のトルクで出ており、1000r/min程度からのアクセルの踏み込みに対しても車両がリニアにスッと前に出ますので非常に大きな余裕を感じることができます。

加えて、スロットルに対するエンジン出力のリニアリティーが非常に高い為、ペダルとスロットルが繋がっているかの様で非常に速度コントロールがし易い為、十分すぎるエンジン出力と相まって、ゆっくり走るのも、鋭い加速をするのも自由自在です。

エンジンの回り方はボア88.0mm×ストローク82.1mmのショートストロークエンジンにも関わらず、ぶ厚いトルクで車両を押し進める様なトルク感があり、それでいてショートストロークエンジンらしく、苦しげも無くシュンと高回転域まで回りきる感覚も持ち合わせており、力感と気持ち良さを両立したエンジンと言えます。

また、窓を閉めていても高音の排気音が「フォーン」と室内に響いてくる極めて気持ち良いエキゾーストサウンドと相まって、本当に運転していて気持ち良いものです。

【ミッションについて】

トランスミッションはベンツ自社製の9ATでAMG専用スポーツセッティングのものとなりますが、発進時や変速フィーリング含めて不具合は一切ございません。

2速発進後すぐにロックアップする為、極めてタイト+ダイレクトなフィーリングで、AMG専用スポーツセッティングにより変速タイムが短い、まさにスポーティーな運転感覚に貢献してくれています。

この9ATはトルコン式ATの為、DCTと違い極低回転の速度調整も容易ですが、これほどロックアップがタイトならばもうDCTである必要はないと思える程です。

ちなみに、75km/hぐらいですでに9速に入り、1000r/minちょっとで悠々とクルーズできますので、高速の燃費は望外に良いです。

総じて、エンジン、ミッションに関して文句の付け所は無く、AMGらしさを感じ取れる極めて満足感の高いパワートレインと言えます。

【ボディー・シャシーについて】

走行距離が少ない上に、修復歴や板金歴が一切無いボディー、シャシーはまさに程度極上です。

走行中の機関関連の動作不良や異音なども一切無く、使用環境は長距離の高速移動がメインでしたので、これ以上のものは無いと言えるレベルだと思います。

更に、新車時から完全屋内保管で、雨の日の走行も非常に少ないので、錆に関しても全く見当たりません。

乗り味に関しては走行距離が20,000kmを超えた現在においてようやく本来の乗り心地になった様で、嫌な硬さが完全になくなり、どっしりとしながらエアサス特有の柔らかさも感じ取れる極めて質感の高い乗り心地となっています。

そして、ボディー及びシャシー剛性が極めて高い為、大きな段差を通過しても『ドスッ』と一切の余韻無く受けてめており、ボディーやフロアの共振は全く無いところはさすがメルセデスと言える部分です。

更には、AMGスポーツエアサスペンション(AIR BODY CONTROL)によりスポーティーな乗り味ともなっており、ソリッドな接地感がハンドルから伝わってくることに加え、ハンドル操作に対して間髪入れずリニアに車が動くので、まるでスポーツカーの様なハンドリングです。

加えて、高速域での乗り味がこれまた本当に極上と言えるもので、確実に高速域で全ての調律が取れる様にセッティングしていることが伺えるものです。

100km/h程度の高速域では、角の丸いエアサスならではのふんわりした動きと、あらゆる段差を踏みつぶしていくようなフラットでしっかりした感触を両立した乗り心地となります。

直進安定性もメルセデスの美点ですが、AMG 4MATICに加えアライメントをしっかり調整したこともあり、ふらふらした挙動の一切無いビシッと芯が通ったもので、余裕の動力性能と相まって高速道路における乗り心地はそれはもう極上です。

因みに、実際の走行フィーリングだけでなく、足廻りのアームやブッシュ類、ゴム部品の状態も問題無く良い状態であることを確認しておりますので、その点ご安心頂ければ幸いです。

※足廻りの確認及び清掃の様子はこちら ⇒ AMG GLC43 足廻り状態確認

【電装品・その他について】

電装品においては、ナビゲーション、オーディオ、エアコン、ライト、窓ガラス昇降、付属品含めて全て問題ございません。

また、消耗品に関しましても、タイヤは前後共新しく山は十分、ブレーキパッドの残量も十分ですし、エンジンオイル、ブレーキオイル等油脂類も定期的に交換されてきている為、すぐに交換が必要となるものはございません。

※2021年11月にエンジンオイル(AMG用オイル229.5)交換、オイルフィルター交換、エアクリーナーエレメント交換、スパークプラグ交換、ダストフィルター交換、ブレーキフルード交換済み

是非、安心して、極めて高性能なAMG GLC43をお楽しみ下さいませ。

付属品に関して

オーナーズマニュアルや整備手帳、各種取り扱い説明書、クイックガイド、そして高級感のある本革製の車検証入れ、マニュアル入れなど、新車時に付属するものは全て綺麗な状態で揃っております。

スマートキーが2ケ付属致します。

1つにはAMGオーナメントの付きのキーカバーが装着されており、鍵を手にする度に高揚感を得ることができます。

AMG専用のキーケースも付属致します。

Mercedes-AMG GLC43 4MATIC 車両価格

¥ 7,080,000-(税込)

カテゴリーリスト

ブログ内検索

お問い合わせ

TORINO CARS(トリノカーズ)
〒573-1138 大阪府枚方市招提北町1丁目2256-1
営業時間 9:00〜18:30 定休日:日曜日

携帯:090-5152-2066
TEL:072-856-0328
Fax:072-856-0327
E-mail:ktorino@nifty.com

To top