自動車メーカー車両開発者が営む中古車販売店

TORINOCARSのお問合せ
携帯 : 090-5152-2066
TEL:072-856-0328

Mail:ktorino@nifty.com
営業時間:9:00〜19:00

お知らせ

2022.06.13

程度極上 錆極少でメンテナンスバッチリ 無限パーツなど希少パーツ多数装着 HONDA BEAT 入庫致しました

この度、TORINO CARSに『程度極上 錆極少でメンテナンスバッチリ 無限パーツなど希少なパーツ多数装着 HONDA BEAT』が仲間入り致しました。

まずは以下に車両の情報を記載致します。

【車両情報】
メーカー:HONDA(ホンダ)
車種:ビート
グレード:ベースグレード
型式:E-PP1
年式:H3年(1991年)
走行距離:89,600km
修復歴:無し
車検有効期限:車検取得後ご納車
エンジン:直列3気筒SOHC660cc(MTREC)
ミッション:5MT
駆動方式:MR
色:フェスティバルレッド
オーナー歴:2オーナー

【装備品】
・無限 エキゾーストマニホールド
・無限 スポーツサスペンション
・無限 サイドスカート
・RAYS TE37ホイール(軽量鍛造品)
・RECARO SR-3(生地張替えリフレッシュ済)
・オートマック ステンレスマフラーVer.2
・純正OP ヒューエルリッド
・純正OP スペアタイヤバケット
・純正OP スカイサウンドデッキ(40W)
・ハーフウェイ パフォーマンスロッド
・バックヤードスペシャル フロントタワーバー
・クスコ リアタワーバー
・NARDIステアリング(LEADER 35φ)
・RSマッハ オフセットステアリングボススペーサー
・キーレスエントリー

【直近主要整備履歴】
〇2021年6月(走行距離87312km時)
タイミングベルト交換
・タイミングベルトテンショナー交換
・タイミングベルトアイドラー交換
・ウォーターポンプ交換
・コンプレッサーベルト交換
・ACGベルト交換
・プラグ交換
・ブリーザーチューブ交換
・・・etc

〇2018年5月(走行距離84440km時)
スリーウェイブレーキジョイント交換

〇2017年5月(走行距離82646km時)
エンジンマウント交換
ミッションマウント交換

この度入庫致しましたBEATもたくさんのアピールポイントのある車両で御座います。

1つ目車両の程度が極上であるということです。

まず、外装の程度が大変良好で、フェスティバルレッドは劣化が早い為、オリジナル塗装は希少と言えますが、本車両のパネル部分は生産時のオリジナル塗装のままで艶々の大変良好な状態を保っております(前後バンパーのみ再塗装)。

ヘッドライトも極めてクリアな状態を保っております。

幌やスクリーンの状態も大変良好で、スクリーンは交換から1年も経過しておりません。

内装も日焼けが大変少なく、ドアライニングやエアコンパネルなど新車当時の面影を感じることができる状態といえます。

スカイサウンドデッキも不具合無くスピーカーからしっかり音が出ており、カセットもちゃんと作動することを確認しております。

そして、機関状態に関しましても、乗ってすぐに状態が良いことがわかるもので、『走る』『曲がる』『止まる』に関して非常に高いレベルにあります。

もちろん、現状不具合はございません

続いて2つ目ボディーの錆が本当に少ないです。

BEATにおける最大の懸案事項であるボディーの錆に関しても、BEAT定番のサイドシルに錆が無いことはもちろんのこと、各部詳細に確認しても本当に錆が少ないです。

ここまで錆が少ない車両は希少で、保管状態が大変良かったことが伺えます。

3つ目希少なパーツが多数装着されていることです。

無限のパーツとしましては、希少な無限エキゾーストマニホールドをはじめ、状態の大変良好な無限スポーツサスペンション及び無限サイドスカートが装着されております。


※無限エキマニはサーモバンテージが巻いてあります

またホイールはRAYS製のブラックのTE37が装着されており、鍛造のため大変軽量で、無限のエキゾーストマニホールドなどとの相乗効果で車が非常に軽く加速してくれます。

更にシートに関しては、生地の張替えやウレタン補修などが施された大変状態の良いDC2インテグラ純正RECARO SR-3が装着されており、座り心地は抜群です。

ビートには失礼かもしれませんが、長距離移動も疲れ知らずです。

そしてマフラーはオートマック製ステンレスマフラーVer.2が装着されており、適度で乾いたエキゾーストサウンドが気持ち良いです。

以上の様な希少なパーツに加え、様々な高品質なパーツが多数装着されております。

補強パーツで言えば、下廻りのハーフウェイ パフォーマンスロッドとバックヤードスペシャル フロントタワーバー、クスコ リアタワーバーにて、ボディーの状態が良いことと相まって、他のBEATと比べると非常にしっかりとしたボディー剛性感を感じることができます。

4つ目はBEAT弱点ポイントを含め、交換部品多数でしっかりとメンテナンスされてきた車両という点です。

上記に記載致しました走行距離87,312km時のタイミングベルト交換や周辺パーツ交換をはじめ、エアコンはR134aにレトロフィット済メーターOH済ECU OH済エンジンマウントミッションマウントも交換済といった様に、本当に様々なメンテナンスがしっかりと実施されており、調子は抜群で、今後も安心してお乗り頂ける車両です。

エアコンもバッチリ効いております。

メーターもOH済みで、全てちゃんと作動しております。

因みに、整備記録簿も多数残っております。

最後は、2オーナー車両という点です。

1オーナー目が新車から2021年までずっと所有していた実質1オーナー車両と言える車両で、お一人の方が本当に大事に大事に維持をされてきた車両であることがわかります。

因みに、2オーナー目の方は車のことを熟知しております自動車メーカー様にお勤めの方で、状態の良い車両を探し続けた末に本車両に出会われたものの、HONDA S2000へのお乗り換えを機に弊社とご縁を頂きました。

愛情を持って維持されてきた車であるという点は、BEATの様な製造から年数が経っている車にとっては、今後も大切にご所有なさる上で大きな要素であると考えております。

以上、長々とアピールポイントを記載させて頂きましたが、本車両に関しましては、とにかく『希少なパーツが満載で状態が大変良い』という一言に尽きるかと存じます。

車両をお引き取りさせて頂きました帰路におきまして、高速道路を含め約460km走行致しましたが、『これは状態が良い』と思わず何度もニヤニヤしてしまいました。

現車を確認して頂けましたら状態の良さはすぐにお分かり頂けるかと思います(写真と文章ではなかなかお伝えすることが難しいです)。

オリジナルの状態に拘らず、むしろ希少なパーツが装着されていることをプラスポイントと捉えて頂ける方で、車両の状態に関しても妥協したくないお考えをお持ちのお客様には本当に最適な車両かと存じます。

今後、TORINO CARS恒例であります、内外装徹底清掃や、バンパーなど各パーツを脱着しての各部詳細確認、清掃、エンジンルームチェック等の販売前メンテナンスを実施した後に販売開始となりますが、本ブログをご覧になりましてご興味をお持ち頂けましたお客様におかれましてはお問い合わせフォームよりお問い合わせ頂けましたら幸甚に存じます。

より詳細に関しましてご説明させて頂きたく存じます。

※お問い合わせはこちらから ⇒ お問い合わせフォーム

では、失礼致します。

お問い合わせ

TORINO CARS(トリノカーズ)
〒573-1138 大阪府枚方市招提北町1丁目2256-1
営業時間 9:00〜18:30 定休日:日曜日

携帯:090-5152-2066
TEL:072-856-0328
Fax:072-856-0327
E-mail:ktorino@nifty.com

To top