自動車メーカー車両開発者が営む中古車販売店

TORINOCARSのお問合せ
携帯 : 090-5152-2066
TEL:072-856-0328

Mail:ktorino@nifty.com
営業時間:9:00〜19:00

ブログ

走行距離28,700kmでハルテックフルコン装着の程度極上 HONDA BEAT 納車整備 ガラスコーティング施工 【研磨~ガラスコーティング塗布(完成)編】

こんにちは。

今週末にご納車を控えております、走行距離28,700kmでハルテックフルコン装着の程度極上 HONDA BEAT で御座いますが、オプションメニューとしてましてガラスコーティング施工をご用命頂いておりますので、そのガラスコーティング施工を行いました際の様子を2回に分けてご紹介して参ります。

前回は状態確認から鉄粉除去、マスキング作業までの様子をご紹介致しましたので、今回は研磨作業(ポリッシング)からガラスコーティング塗布して完成までの様子をご紹介致します。

ウンチクから入り大変恐縮ですが、弊社は完全屋内施工により研磨作業を行いますので、屋外作業とは違い、砂やホコリをシャットアウトすることで余計な傷が入ることを防ぐことができます。

更に、屋内にて専用照明を用いて作業を行うことで、きちんと傷の状態を把握しながら作業を実施することができ、確実な研磨作業を行うことが可能です。

傷の見えない環境で傷の除去は不可能・・・という考えです。

では早速、コーティング作業におけるもっとも重要で大変でもある研磨作業(ポリッシング)に入ります。

今回作業致しておりますHONDA BEATに関しましては、お客様が塗膜の厚さを気にされており傷の深追いを避けて欲しいとのご意向に加え、バンパーなどの樹脂部品の塗膜が少し薄くなっている為、必要最低限の研磨量となります様に、傷の状態(深さ)を確認しながらコンパウンドとバフの組み合わせを場所毎に適切に変えながら研磨を進めます。

まずは、ボンネットの研磨前後の状態から。

細かいスクラッチ傷(洗車傷)が除去できたことがご確認頂けるかと存じます。

少し深めの傷に関しては深追いせず、完全除去では無く薄くする程度で施工しています。

続いては、運転席側ドアの研磨前後の状態です。

そしてリアフェンダー。

最後にトランクフードです。

傷が無くなり、研磨前には乱反射している照明の輪郭が、研磨後にはくっきりしていることがおわかり頂けるかと存じます。

以上、全てのパーツにおいて研磨作業を実施し(前後バンパーは塗膜が薄くなっておりましたので、光沢感向上の為にさらっと研磨しただけに致しました)、磨き残しが無いかとしっかり確認しましたら研磨作業としましては完了です。

この時点で、一枚皮をむいた様につるんとした塗装面に仕上がっています。

研磨作業が完了しましたので、続いてはコーティングの定着を確実なものにする為に脱脂作業を行い、ガラスコーティング剤の塗布に入ります。

ガラスコーティングは独特の光沢感や艶感をプラスしながら、塗装面の保護や汚れのメンテナンス容易化が可能です。

作業としましては、専用のスポンジを用いて傷が入らない様に注意しながらコーティング剤を塗布していきます。

塗り残しや、拭き残し、ムラを防ぐために、パネル毎に細かい範囲で区切って、コーティング剤を塗布しては拭き上げを迅速に繰り返していき、ボディーパネル全体にコーティング剤の塗布とふき取りが完了しましたらガラスコーティング施工作業は完了となります。

そして、完了しました状態がこちら。

コーティング施工の前後で比較すると、黄色に深みが増して、カーニバルイエロー本来の黄色の発色になったと思います。

また、研磨による傷の除去に加えてガラスコーティング独特の濡れた様な艶が出て、風景も綺麗に映り込んでいるいることがお分かり頂けるかと存じます。

とても29年前の車とは思えない状態に仕上がりました。

後は、適切にメンテナンスを行って頂けましたらこの良い状態を維持できるかと存じます。

お客様にもお喜び頂けるかと思いますので、ご納車させて頂くのが楽しみで御座います。

次回は、TORINO CARSではご納車前に全車両に行っております、ご納車前整備の様子をご紹介致します。

では、失礼致します。

お問い合わせ

TORINO CARS(トリノカーズ)
〒573-1138 大阪府枚方市招提北町1丁目2256-1
営業時間 9:00〜18:30 定休日:日曜日

携帯:090-5152-2066
TEL:072-856-0328
Fax:072-856-0327
E-mail:ktorino@nifty.com

To top