自動車メーカー車両開発者が営む中古車販売店

TORINOCARSのお問合せ
携帯 : 090-5152-2066
TEL:072-856-0328

Mail:ktorino@nifty.com
営業時間:9:00〜19:00

ブログ

HONDA FD2 CIVIC TYPE-R ご納車前メンテナンス 足廻り清掃・確認編

TORINO CARSのブログをご覧頂きまして誠にありがとう御座います。

先日で御座いますが、注文車両として販売させて頂きました HONDA FD2 CIVIC TYPE-R(ホンダ シビック タイプR)を京都府にお住まいのお客様にご納車させて頂きました。

そこで、ご納車前メンテナンスとして、内外装の徹底清掃及び足廻りの確認、清掃を実施致しました事に加え、オプション作業としましてマフラーの交換及びウィンドウ撥水コーティングもご用命頂きましたので、その作業の様子をご紹介しております。

前回は内外装徹底清掃の様子をご紹介致しましたが、今回は第2回目としてホイールハウス内の清掃やサスペンションやアーム類の清掃・確認、ゴム類、ブレーキパッドの状態確認、ホイール裏側清掃の様子をご紹介致します。

同時に、お客様が車高10mmダウンをご希望されましたので、併せて車高調整式サスペンションによる車高ダウン作業も実施致しました。

※内外装徹底清掃の様子はこちら ⇒ HONDA CIVIC TYPE-R 内外装徹底清掃


サスペンションやアーム類、ブーツ類、ブレーキパッドといったシャシー部分は車両を安全かつ快適に運転する上で大切なパーツ類ですので、しっかり状態確認を行ってからご納車させて頂いており、もちろん確認時に破れなどがございましたら交換後にご納車をさせて頂いております。

同時に、普段はまず清掃することの無い部分まで綺麗にすることで、不具合の発見に繋がるだけでなく、ご納車後も気持ち良く車両をお乗り頂きたいとの考えから、弊社では全ての車両において足廻り周辺の部品まで綺麗に清掃しております。

では早速、運転席側フロントの状態確認及び清掃から入ります。

走行距離相応の汚れや赤いブレンボの4PODキャリパーに色あせは見られますが、サスペンションのオイル漏れやアームの曲がり、損傷は一切ございません。

ここからホイールハウスの裏側のインナーフェンダー含め、サスペンション、アーム類などの汚れを落として、徹底的に綺麗にしていきます。

シャシーブラック剥がれによるムラがあり見栄えは良くありませんが、汚れは落ちて綺麗になりました。

ちなみに、本車両のサスペンションはアラゴスタの車高調整式サスペンションが装着されております。

試乗を致しましたが、このサスペンションは骨太な印象でありながらとにかくしなやかな印象で、段差通過時にはサスペンションがスッと動いて衝撃を吸収して「ドン」という突き上げがありません。

もちろん、ヒョコヒョコとしたピッチングも無く、FD2純正のサスペンションよりも乗り心地面では良いと言えるほどのものです。

以前、HONDA時代に、FD2シビックTYPE-Rで友人と共に埼玉から大阪まで帰省した際は、その純正サスペンションのあまりの硬さに全く寝ることができなかったことが思い出としてあります。。。

清掃が終わりましたら、タイロッドエンドブーツ、ドライブシャフトブーツ、ロアボールジョイントブーツ、スタビライザージョイントブーツなどの各部ブーツ類の亀裂や破れが無いかなどの状態確認を行っていきます。

稼動が多くヒビなどの劣化が進みやすいタイロッドエンドブーツは全く問題無し。

ロアボールジョイントブーツもヒビの発生無く綺麗な状態で問題無し。

ドライブシャフトブーツ、インボードブーツも共に綺麗そのもので、問題無し。

ステアリングラックブーツも問題無しです。

スタビライザーブーツも上下共に問題はございません。

最後に、ブレーキパッドの残量確認です。

約8mmの残量があり、当分交換の必要はございません。

清掃確認が終わりましたところで、今回はお客様が車高を10mm下げてのご納車をご希望されましたので、車高調整を実施致しました。

アラゴスタのサスペンションは全長調整式でしたので、レバー比(1.11)も考慮してケース調そのものが9mm短くなる様に調整致しました。

これで、車両としましては約10mmの車高ダウンとなるはずです。

以上で、運転席側フロントの状態確認及び清掃は完了ですので、続いて助手席側フロントに移ります。

こちらもまずはざっと確認致しましたら清掃から行います。

運転席側と同様にサスペンションやアーム類に問題ございません。

続いて、ブーツ類の状態確認を行いますが、全て問題ございませんでした。

当然、助手席側のブレーキパッド残量も約8mmと十分残っており問題ございません。

清掃と確認が終了しましたら、運転席側と同様にサスペンションケース長が9mm短くなる様に調整して助手席側も完了です。

そして、最後にホイールの確認、清掃を行います。

裏側まで含めてひび割れなどの損傷や曲がり等はございません。

また、ホイールの裏側まではなかなか清掃できないものなので、このタイミングで綺麗にしておきます。

見えない部分・・・と言われればそれまでですが、少しでも綺麗な状態でご納車させて頂きたいという拘りの気持ちです。

表側ももちろん綺麗に清掃しております。

このホイールはRAYS製のもので、FORGEDとの刻印があるので鍛造ホイールであり、18インチでも軽かったです。

また、タイヤは2019年製のミシュランパイロットスポーツ4Sが装着されており、サスペンションといいホイールといい、前オーナー様は本当に車の事を良くご存じの方であったことが伝わって参ります。

以上でフロント足廻りの状態確認及び清掃は完了ですが、全ての部分において問題は無く、各部良好な状態であることが確認できました。

しっかりメンテナンスされている車両と言えます。

続きまして、リアの状態確認、清掃に移ります。

まずは、運転席側のリアです。

清掃前でも過度な汚れなどは御座いませんが、清掃を行っていきます。

汚れが落ち、綺麗さっぱりです。

リアサスペンションも、もちろんアラゴスタのサスペンションですが、オイル漏れも無く、状態は良好です。

リアにおいては所謂ブーツ類はスタビリンクのみですが、ひび割れも無い良好な状態であり、アーム類の状態も過度な錆や曲がりなど無く、綺麗な状態です。

リアブレーキパッドの残量は約8mmあり問題無しです。

そして、フロントと同様に、リアも10mmダウンの車高調整ですが、リアはスプリング別体式でダンパーとスプリングそれぞれの調整が必要となりますが(車高はスプリングで調整)、スプリングに大きなテンションがかかっており調整ができませんでしたので、一度ダンパーを外してテンションを緩めてから調整を致しました。

ちなみに、リアのレバー比は1.27となりますので、スプリングシートが8mm短くなる様に調整致しました。

ひと手間かかりましたが、何とか車高の調整が完了しましたので、最後に助手席側リアの状態確認、清掃を行います。

まずは清掃して綺麗に致します。

そして、運転席側と同様に、ダンパーやアーム類、スタビリンクブーツ、ブレーキパッド残量などに問題が無いことが確認できましたので、こちらも車高を調整して完了です。

もちろん、リアのホイールも裏側まで清掃済みです。

これで、リアの足廻りにおける状態確認及び清掃も完了となります。

リアも問題となる箇所は無く、良好な状態であることが確認できました。

以上、 FD2 CIVIC TYPE-R における、フロント、リアの足廻り状態確認及び清掃を行って参りましたが、各部の状態は良好であり、サスペンションからのオイル漏れや、ブーツ等ゴム部品のひび割れや破れも無く、更にブレーキパッドといった消耗品などにおいても交換が必要になる部品が無いことを確認出来ましたので、お客様におかれましてはご納車後も安心して運転をお楽しみ頂けるかと存じます。

また、お客様が楽しみにされておりましたサーキット走行におきましても、このままの状態でお楽しみ頂けるかと存じます。

ここまで2回に渡り、通常のご納車前メンテナンスの様子をご紹介致しましたが、今回はオプション作業としまして、マフラー交換及びウィンドウ撥水コーティング施工もご用命頂きましたので、次回はその様子をご紹介致します。

では、失礼致します。

お問い合わせ

TORINO CARS(トリノカーズ)
〒573-1138 大阪府枚方市招提北町1丁目2256-1
営業時間 9:00〜18:30 定休日:日曜日

携帯:090-5152-2066
TEL:072-856-0328
Fax:072-856-0327
E-mail:ktorino@nifty.com

To top