自動車メーカー車両開発者が営む中古車販売店

TORINOCARSのお問合せ
携帯 : 090-5152-2066
TEL:072-856-0328

Mail:ktorino@nifty.com
営業時間:9:00〜18:00
定休日:日曜・祝日

ブログ

超希少 ABS&LSD装着車両 20周年記念パーツや純正OP多数 メンテ箇所多数 HONDA BEAT VerZ 販売前メンテナンス 外装清掃

TORINO CARSのブログをご覧頂きまして誠にありがとう御座います。

先日に入庫のご案内をさせて頂きました『超希少 ABS&LSD装着車両 20周年記念パーツや純正OP多数 メンテ箇所多数 HONDA BEAT VerZ』ですが、この度、販売前に必ず各車両において行っております販売前メンテナンスを実施致しましたので、今回より作業の様子をシリーズでご紹介して参ります。

※車両の概要はこちら ⇒ BEAT VerZ(ABS&LSD)入庫しました

弊社における販売前メンテナンスにおきましては、通常では確認できない箇所まで各パーツの脱着を行った上でこの目でしっかり状態確認を実施し、加えて各部清掃及びメンテナンス、交換等を行うことで、お客様に安心して気持ち良い状態でお乗り頂きたいとの想いから行っている作業で御座います。

特にBEATにおきましては、生産から約30年が経過した車両ですので、ボディーの錆の状態や劣化具合などをしっかりと確認することが大変重要であり、確認した結果をこのブログを通じてアップすることで、お客様にもしっかりと車両に関しての状態をご確認頂き、間違いの無い車両選びをして頂く一助となれば幸いと考えております。

加えまして、年月相応に溜まった汚れを徹底的に綺麗にすることで、生産から30年が経過した車両とは思えないレベルの清潔感あるBEATを目指して細かい部分まで徹底的に清掃を行っている次第で御座います。

ということで、今回は本車両における販売前メンテナンスの第1回目となる【外装清掃編】として、外装各部を清掃をした際の様子をご紹介致します。

まずは外板パネルやホイールの清掃から始めますが、少しホコリがかぶっているレベルでほとんど汚れも無い状態でしたので、水の使用量を最小限に抑えながら(錆に対して留意する必要がありますので)ボディーに傷が付かない様に工夫して、細部まで綺麗に清掃します。

そして、ブロアも併用しながら、細部まで水分を除去したら外板パネルの清掃は完了です。

因みに、多くのBEATではウレタンシールがボロボロになってしまっているAピラーですが、本車両はグロスブラックに塗装されているので大変綺麗であり、今後もシールの劣化等を気にすることなくお乗り頂くことができます。

続いては、ドアのヒンジ部を清掃を行います。

ヒンジ部分においては、クリーナーや綿棒を併用して細部まで綺麗に仕上げます。

ドアヒンジ部分を徹底的に綺麗にすることで、お客様が洗車を行う際や、車両に乗り込む際などにおいても清潔感を感じて頂けるかと存じます。

]

また、ドアストッパー部分は清掃を行った上で、グリスアップを行います。

グリスアップを行うことで、動きが滑らかになり、開閉時の異音の発生も抑えることができます。

ドアヒンジ部分の清掃が終わりましたら、続いてはフロントボンネット内の状態確認と清掃を実施します。

純正OPスペアタイヤバケットが装着されているフロントボンネット内も基本的に綺麗な状態が保たれておりましたが、スペアタイヤ、ジャッキ、スペアタイヤフロアパンも外して徹底的に確認と清掃を致します。

スペアタイヤフロアパンの下は通常清掃ができない部分で汚れが溜まっておりますので、水拭きにて細かい部分まで綺麗にしていきます。

フロントクロスビームやラジエター、コンデンサーなどの錆が非常に少ないことが確認でき、非常に状態の良いフロントボンネット内と言えます。

本車両における大きな特徴であるABSユニットも良好な状態です。

また、ブレーキマスターシリンダー及びクラッチマスターシリンダーもフルード漏れは無く、良好な状態です。


※ブレーキマスターシリンダーは走行距離55,260km時に新品交換済

因みに、本車両のエアコンシステムに関しては110系の最終モデルとなります為、純正状態で冷媒はR134aのシステムとなっておりますが、その証がこのフロントボンネット内にございます。

もちろんエアコンの動作、効き共に問題ありません。

フロントボンネット内の各部の清掃が終わりましたら、取り外したフロアパンやスペアタイヤ、純正OPのスペアタイヤバケットなども綺麗にしておきます。

尚、通常はフロントボンネット内に設置してあるジャッキに関しては、ABS&LSD搭載モデルに関してはリアトランク内に設置されており汚れることがありませんので、大変綺麗な状態です。

あとは、取り外したフロアパンやスペアタイヤを元に戻します。

これでフロントボンネット内も隅々まで綺麗になりましたので、最後にトランクフード内の確認と清掃を行います。

まずは状態確認ですが、サスペンションの固定ボルトやオイルフィラーキャップ、そしてBEATにおける錆定番ポイントであるヒンジの台座部分も含めて錆は少なく、やはり状態は良好です。

一通り確認を致しましたら、汚れの溜まりやすいサスペンション取り付け部分周辺等、各部の清掃を行っていきます。

これでトランクフード内も綺麗になりました。

以上で外装関連の清掃は完了となりますが、大変綺麗な外装に仕上がりました。

各部をご覧頂いても、とても生産から30年が経過している車両とは思えないかと存じます。

続いては内装の清掃に入りますが、シートなどを外して内装を徹底的に清掃致しました際の様子は次回にご紹介致します。

では、失礼致します。

※車両に関するご相談やお問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ ⇒ ご相談フォーム

カレンダー

«5月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

車両検索

フィード

お問い合わせ

TORINO CARS(トリノカーズ)
〒573-1138 大阪府枚方市招提北町1丁目2256-1
営業時間 9:00〜18:00 
定休日:日曜、祝日

携帯:090-5152-2066
TEL:072-856-0328
Fax:072-856-0327
E-mail:ktorino@nifty.com

To top