自動車メーカー車両開発者が営む中古車販売店

TORINOCARSのお問合せ
携帯 : 090-5152-2066
TEL:072-856-0328

Mail:ktorino@nifty.com
営業時間:9:00〜19:00

ブログ

ご依頼作業:Mercedes AMG E53(W213後期モデル) 室内異音低減作業 その③

TORINO CARSのブログをご覧頂きまして誠にありがとう御座います。

この度、大阪府にお住まいのお客様よりMercedes AMG E53(W213 後期モデル)の室内異音低減作業をご依頼頂きました。

そこで、本車両におきまして以下の箇所から発生しておりました異音低減作業の様子を4回に渡りご紹介しております。

①オーバーヘッドコンソール部分 ⇒ お客様のお困り箇所
②後席助手席側Cピラー ⇒ お客様のお困り箇所
③助手席側Bピラー上部
④助手席側ダッシュボード側面
⑤助手席側ダッシュボード下部
⑥センターコンソール

⑦サンルーフ

前回は助手席側後席の頭上付近及び助手席Bピラーからの異音対策の様子をご紹介致しましたが、今回は④助手席側ダッシュボード側面⑤助手席側ダッシュボード下部⑥センターコンソールにおける異音対策の様子をご紹介致します。

今回ご紹介する④助手席側ダッシュボード側面⑤助手席側ダッシュボード下部⑥センターコンソールにおける異音に関しましては、通常の走行時には異音として表れないものの、大きな段差やかなり劣化したざらつきのある路面を走行した際に『ビビリ音』及び『ざわつき』として発生しており、せっかく剛性感高いAMG E53の乗り味を損ねるものでした。

そして、前回までの異音対策作業でドライブレコーダー配線が異音処理されること無く取り付けされていることが確認できていることに加え、ドラレコ配線が助手席側Aピラー、助手席側ダッシュボード側面、ダッシュボード下部、センターコンソールを通っているということと異音の発生箇所がリンクしておりますので、これらの異音もドラレコ配線によるものであることが容易に予想できます。

ということで、まずはダッシュボード側面付近から確認する為に、ダッシュボード側面のカバーとAピラーガーニッシュを取り外して確認します。

Aピラーガーニッシュは『AIRBAG』と記載のあるカバーを外して、内部のクリップを外すと取り外すことが可能となります。

ガーニッシュ類を取り外すと一部のプラスチックカプラーを除き、ドラレコ配線が異音処理や固定されることも無くそのままの状態で遊んでいる状態でした。

プラスチックカプラーにスポンジが巻かれていたのは、お客様がディーラー様に異音対策を何度かお願いしたと仰っていたので、その際の異音対策かもしれませんが、その他の部分は如何にも異音が出そうな状態ですので異音処理を行っていきます。

これでダッシュボード側面からの異音は無くなるはずです。

上記対応に加えて、異音としては出ておりませんでしたがAピラー⇒ドラレコ本体までの配線も裸のままでしたので今後も異音が出ない様に異音処理を行っておきました。

続いて助手席ダッシュボード下部の確認を行う為、助手席足元のカバーを取り外して内部を確認します。

手前の配線がドラレコ配線ですが、カバーを叩くと配線がカバーに当たって音が出ておりましたので、一度取り外して異音処理致しました。

これで、助手席ダッシュボード下部の対応も完了です。

最後はこのドラレコ配線の先が通っているセンターコンソール部分の対応を行います。

センターコンソールは、センターコンソール後部のガーニッシュを取り外して、ボルト2本を外すと取り外すことができます。

取り外すとやはりドラレコの配線がプラプラに遊んでいるので、センターコンソールの下部に配線が当たって異音が出ていたのだと思います。

そこで、配線を異音処理した上で、束ねて固定することで異音が出ない様にします。

これでセンターコンソール部分からの異音も無くなっているはずです。

あとは、取り外したカバーやガーニッシュを元に戻していきます。

ここまで対応した上で異音が出ていた道路を試走を行いましたところ・・・

助手席側ダッシュボード側面や助手席側ダッシュボード下部、そしてセンターコンソール内部からの異音は無事解消致しました!

また、配線の異音処理をした上で遊んでいたものを固定をしたことで、明確な異音としては出ていなかったざわつきも無くなり、AMG E53の乗り味が更に一層高い剛性感のある極めて質感の高い乗り味になりました。

これが本来のメルセデスの乗り味とも言えますが。。。

また、W213、S213系のEクラスはメーカーの異音対策不足による異音が多く乗り味を損ねてしまっている印象ですが、今回の作業でも後期型は様々な異音対策が行われており、異音がかなり少ないので、本当に良好な乗り味で極めて高い動的質感です。

その高い質感の乗り味を後付けのドライブレコーダーにより崩してしまっているのは非常にもったいないことだと思いますので、後付け部品の取り付けには細心の注意を払っての取り付けが必要だと強く感じます。

以上、ここまでの対応でビビリ音系の異音に関しては解消し、お預かりしました際とは見違える程静かな車内となりましたが、車体が大きく捻じれる様な入力が入った際に、サンルーフ部分から軋み音が出ていましたので、最後にサンルーフ部分の異音対策を行いましたので、次回にその様子をご紹介致します。

では、失礼致します。

お問い合わせ

TORINO CARS(トリノカーズ)
〒573-1138 大阪府枚方市招提北町1丁目2256-1
営業時間 9:00〜18:30 定休日:日曜日

携帯:090-5152-2066
TEL:072-856-0328
Fax:072-856-0327
E-mail:ktorino@nifty.com

To top