自動車メーカー車両開発者が営む中古車販売店

TORINOCARSのお問合せ
携帯 : 090-5152-2066
TEL:072-856-0328

Mail:ktorino@nifty.com
営業時間:9:00〜19:00
定休日:日曜日

ブログ

20周年記念パーツ多数 錆少で整備箇所多数 HONDA BEAT 販売前メンテナンス ボディー状態確認①

TORINO CARSのブログをご覧頂きまして誠にありがとう御座います。

先日、入庫及びご成約のお知らせをさせて頂きました『20周年記念パーツ多数 錆少で整備箇所多数 HONDA BEAT』ですが、ご納車前でありますこのタイミングで販売前メンテナンスを実施致しましたので、作業の様子をシリーズでご紹介しております。

前回は【内外装清掃編】として、洗車からシートを外して内装を徹底的に清掃をした際の様子をご紹介致しましたが、今回は第2回目【ボディー状態確認編①】として、BEATの錆定番ポイントであるサイドシルの状態確認及びサイドエアダクトを外してサイドシル内側の状態確認及び清掃を行いました際の様子をご紹介致します。

※内外装清掃の様子はこちら ⇒ HONDA BEAT 販売前メンテナンス内外装徹底清掃

本車両の販売前メンテナンス全般的に言えることでございますが、前回の販売時に販売前メンテナンスとして錆の状態確認及び各部清掃は行っておりますので、全ての部分において問題無いことは予想できますものの、この度ご購入頂きましたお客様に現状の状態をご覧頂きたいという想いと、『問題無いだろう』という予想では無く『間違いなく問題無い』と自信を持って言える様に改めて確認を行っている次第で御座います。

では、早速BEATで錆確認ポイントとして一番メジャー且つ容易に確認することのできるサイドシルの確認から行います。

・運転席側サイドシル

この部分は、サイドシル下側の水抜き穴が塞がってしまうことで、上部やサイドエアダクト等から侵入した水が内部に溜まり錆が発生してしまうポイントで、錆が進んでしまうとサイドシルのつなぎ目部分をはじめ表面まで錆が浮き出てしまい、腐食により穴が空いてしまっている車両が見受けられます。

・助手席側サイドシル

このBEATにおきましては、運転席側、助手席側共に錆による腐食は見られず、綺麗な状態です(内部の確認は後述します)。

続いては、ジャッキアップポイント等を含めた、サイドシル下側を確認します。

・運転席側

・助手席側

このジャッキアップポイント及びサイドシル下側ミミ部分もBEATにおいては錆のチェックポイントとなりますが、この車両においては、錆は勿論のこと、ジャッキアップポイントの潰れや、接触跡も無く、綺麗な状態です。

続きましては、サイドエアダクトを外してサイドシルの内側を確認します。

上記にてご紹介致しましたサイドシル外側からの確認にて問題無くても、内側のフレームが錆の腐食により穴が空いている可能性もある為、サイドシル内側の確認も重要です。

まずは運転席側からですが、サイドエアダクト取り外しは、室内側からビス3本を外し、ボディーとサイドシルの隙間から細いマイナスドライバーの様なもので3つのクリップを確実に外してから取り外します。

このクリップを丁寧に外す作業を怠りビスだけ外して無理やり引っ張るとクリップの台座部分が割れてしまいますので注意が必要です。

前回の販売時に清掃しただけあって、内側も綺麗な状態が保たれておりましたが、多少のホコリの付着は見られましたので、改めて清掃を致しました。

綺麗に清掃をしましたら、内部をライトで照らして、サイドシルフレームの奥まで目視で良く確認します。

当然とも言えますが、フレーム側、ボディーパネル側にも錆は見られず、綺麗なものです。

確認が終わりましたら、多少の汚れが見られましたサイドダクトを綺麗に清掃してから、元に戻します。

サイドエアダクトを元に戻す際も注意が必要で、きっちり3つのクリップがボディーに嵌る様に奥に押し込みながら取り付けを行い、クリップが嵌っていることを確認しながらビスの固定を行わないとサイドエアダクト後端が浮いてしまいます。

クリップが一つでも嵌っていないと、ドアを閉めた際に『ビィィィン』とビビリ音が発生し、品質感が下がってしまいます。

以上で運転席側の確認作業は完了ですので、続いて助手席側の確認に移ります。

こちらも、サイドエアダクトを外して、まずは清掃から始めます。

こちらも走行に伴うホコリの侵入がありましたので。手の届く範囲の奥まで綺麗に清掃します。

助手席側の車体後方奥にはエアクリーナーダクトの吸入口がありますが、もちろんダクトも綺麗に清掃しております。

そして、綺麗になりましたら内部のフレーム確認を行います。

やはり、助手席側のフレームやボディーパネルにも錆は発生しておらず綺麗なものです。

このBEATはとにかく錆が少ないです。

内部の確認が終わりましたので、サイドエアダクトを清掃した後に元に戻せば助手席側も完了です。

助手席側も運転席側同様にサイドエアダクトをしっかり固定することに留意しながら取り付けましたので、ドアを閉めた際も『バシン』と余韻が無く気持ち良いです。

ちなみに、ヒューエルリッド内もこのように綺麗な状態です。

以上でボディーにおける錆定番ポイントのサイドシル状態確認及びサイドエアダクトを外してサイドシル内側の状態確認及び清掃作業は完了ですが、前回販売時に確認した状態から変化は無く、錆に関して問題無いことを改めて確認できましたので、お客様におかれましてはご安心頂ければと存じます。

続いては、フロントバンパーを外してフレームの修復歴有無の確認や錆の状態確認及び各部清掃、そしてLEDヘッドライトユニットへの交換作業となりますが、作業の様子は次回にご紹介致します。

では、失礼致します。

カレンダー

«1月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

車両検索

フィード

お問い合わせ

TORINO CARS(トリノカーズ)
〒573-1138 大阪府枚方市招提北町1丁目2256-1
営業時間 9:00〜18:30 定休日:日曜日

携帯:090-5152-2066
TEL:072-856-0328
Fax:072-856-0327
E-mail:ktorino@nifty.com

To top