自動車メーカー車両開発者が営む中古車販売店

TORINOCARSのお問合せ
携帯 : 090-5152-2066
TEL:072-856-0328

Mail:ktorino@nifty.com
営業時間:9:00〜19:00
定休日:日曜日

ブログ

ご依頼作業:Mercedes AMG E53(W213後期モデル) 室内異音低減作業 その③

TORINO CARSのブログをご覧頂きまして誠にありがとう御座います。

この度、大阪府にお住まいのお客様よりMercedes AMG E53(W213 後期モデル)における2度目となる室内異音低減作業をご依頼頂きました。

今回は以下の箇所から新たに異音が発生していることを確認できましたので、異音低減作業の様子を3回に渡りご紹介しております。

①メーターパネルからのビビリ音 ⇒ お客様のお困り箇所
②センタースピーカーカバーからのビビリ音
③運転席、助手席ドアライニング内からのピチピチ音

前回はセンタースピーカーカバーからの異音対策を行いました際の様子をご紹介致しました。

※センタースピーカーカバー作業の様子はこちら ⇒ Mercedes AMG E53(W213後期モデル) 室内異音低減作業その②

前回までのメーターパネルからの異音対策及びセンタースピーカーカバーからの異音対策にて、お客様のお困りでありました異音箇所の対策は完了致しましたが、弊社周辺のいつも異音を確認する道にてドアライニング内から異音が発生しておりましたので、お客様にご確認の上、今回同時に対策作業をさせて頂きました。

そこで、今回は最終回となるその③としまして、運転席及び助手席側ドアライアイニング内から発生しておりました異音対策の様子をご紹介致します。

では、運転席ドアにおける異音対策からご紹介致します。

このドア内からの異音に関しては、今まで作業をさせて頂きましたW213 Eクラスの多くの車両で発生しているもので、ドア内の純正ハーネスから発生していることが予測できます。

まずは、アームレスト下側に隠れている固定ボルト2本を外した上で、内装剥がしを用いて順次クリップを外してドアライニングを取り外します。

ドアライニングが外れドアパネル側を見ますと、すぐに異音の原因が見て取れます。

裸の配線がプラプラと遊んでいる状態なので、特にカーブなどを曲がる際にドアライニングやドアパネルに当たって音が出ていることが考えられます。

また、下側のハーネスにおいても、揺するとミチミチと音を立てている状況ですので、両箇所共に、TESAテープ及び固定を行うことで異音が出ない様に対応致します。

これでドアパネル側の異音対策はOKです。

続いてドアライニング側も以前違う車両で音が出ていた箇所がありますので、念のために対応しておきます。

アインビエントライトのカプラーですが、本車両においてはこの部分から明確にビビリ音が出ていた訳ではありませんが、少し振動を加えるとカタカタと音がしておりますので、今後異音の原因とならない様に予防的な意味で対応しておきました(以前弊社で施工致しましたW213 Eクラスでこの部分が異音の原因であった経験があります)。

スポンジを裏側に挟んで、対応致しました。

以上で運転席側ドアにおける異音低減作業は完了ですので、ドアライニングを元に戻し試走を行いましたところ、運転席側ドアからの異音は綺麗に解消しましたので、続いては助手席側の作業に移ります。

運転席と同様に固定ボルト2本を外してドアライニングを外し、ドアパネルを確認します。

やはり、純正の配線が裸の状態で固定をされず遊んでいる状態です。


※奥にある黒い配線です

また、これも運転席と同様に、下側の配線から音が出ております。

従いまして、両箇所共にTESAテープで音が出ない様にした上で、各所固定をすることで対応致します。

これでドアパネル側はOKですので、ドアライニング側に移ります。

助手席側ドアライニングも運転席側と同様にアンビエントライトカプラー部分を対応致しました。

以上で、助手席側ドアの異音低減作業も完了ですので、ドアライニングを元に戻し試走を行います。

結果、異音対応前には異音が発生していた道を走行しましても異音は発生せず、無事に解消していることが確認できました。

これにて、メーターパネル、センタースピーカーカバー、ドアライニング内からの異音が解消することで、はっきりと静かな室内空間となりました。

毎回同じことを感じますが、異音が無くなることで不快なストレスが無くなることに加え、車体の剛性感が上がった様に感じ、動的質感が向上したことを体感できます。

後は、お客様にご体感頂くのみで御座いますが、車両をお引渡し致します前に車両の清掃作業を行います。

清掃作業費は頂いておりませんが、お預かりしました際よりも綺麗な状態でお引渡しさせて頂きたいとの想いから、弊社にて作業をご依頼頂きました際には、基本的に全ての作業において清掃は行っております。

清掃作業はこれにて完了ですが、洗車時に運転席ドア下部及びリアバンパーにポリッシングで除去可能なレベルの軽微な傷を見つけましたので、お客様にお電話にてご提案の後に除去作業を行いました。

もちろん、このレベルの作業はサービスにて実施させて頂いております。

以上をもちましてこの度の全ての作業が完了致しましたので、お客様のご自宅まで車両のお引渡しに伺いまして、いつも異音が発生していたという道にてお客様と共に確認をして頂きましたが、無事に異音が解消していることをご確認頂けました。

この度も大変ご満足を頂けまして何よりで御座います。

もう異音で悩まされることの無い、快適なドライブをお楽しみ頂けるかと存じます。

Y様、この度も弊社に異音対策作業をご用命頂きまして誠にありがとう御座いました。

ちなみに、本日4月5日(火)より、和歌山県にお住まいのお客様より メルセデスAMG E63 における内装異音作業をご用命頂いておりますので、作業を実施中で御座います。

必ず解消を約束できる作業ではありませんが、お客様のストレスとなり気持ちの良いドライブの妨げとなってしまう異音解消にむけて最大限の対応をさせて頂く所存で御座いますので、異音でお困りのお客様におかれましては一度お気軽にお問い合わせ頂けましたら幸甚に存じます。

ということで、次回も続けて異音対応作業のご紹介となりますが、W176 メルセデスベンツAクラス におきまして実施させて頂きましたサンルーフからの異音低減作業の様子をご紹介致します。

では、失礼致します。

カレンダー

«4月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

車両検索

フィード

お問い合わせ

TORINO CARS(トリノカーズ)
〒573-1138 大阪府枚方市招提北町1丁目2256-1
営業時間 9:00〜18:30 定休日:日曜日

携帯:090-5152-2066
TEL:072-856-0328
Fax:072-856-0327
E-mail:ktorino@nifty.com

To top