自動車メーカー車両開発者が営む中古車販売店

TORINOCARSのお問合せ
携帯 : 090-5152-2066
TEL:072-856-0328

Mail:ktorino@nifty.com
営業時間:9:00〜19:00

ブログ

ご依頼作業:MercedesBenz AMG S63(W222後期モデル) 室内異音低減作業 その③

 TORINO CARSのブログをご覧頂きまして誠にありがとう御座います。

3回に渡りまして、埼玉県にお住まいのお客様よりご用命頂きました、MercedesBenz(メルセデスベンツ) AMG S63S(W222後期モデル)の室内異音低減作業の様子をご紹介しております。

本車両におきまして試走を行いました結果、以下の箇所からの異音が確認出来ましたので、順次異音低減作業を行って参ります。

①助手席バックパネル
②センターコンソール後端
③運転席、助手席ドアライニング周辺
④運転席ダッシュボード周辺
⑤オーバーヘッドコンソール付近

この中で、『①助手席バックパネル』『②センターコンソール後端』からの異音処理作業の様子を『その①』で、『③運転席、助手席ドアライニング周辺』からの異音処理作業の様子を『その②』お伝えしましたが、今回は最終回として『④運転席ダッシュボード周辺』、『⑤オーバーヘッドコンソール付近』からの異音処理作業の様子をご紹介して参ります。

※シートバックパネル、センターコンソールの異音低減作業はこちら ⇒ MercedesBenz AMG S63(W222後期モデル)室内異音低減作業その①

※フロントドアの異音低減作業はこちら ⇒ MercedesBenz AMG S63(W222後期モデル)室内異音低減作業その②

今回作業をご紹介致しますダッシュボード周辺やオーバーヘッドコンソール付近からは主にざらついた路面を走行した際にビビリ音がビリビリと聞こえて参りましたので、異音対策を施すこととしました。

では、まずは運転席あたりで発生している異音処理の為に、運転席下のパネルを外し、状態を確認します。

本車両には、ドライブレコーダーやレーダー探知機やセキュリティーなど様々な後付けパーツが取り付けてありますが、それらの配線が運転席下を通してあり、そのまま押し込まれているだけで足元送風のダクトと接触して音が出ています。

また、センターコンソール側も、配線やプラスチックのカプラーが遊んでおり、如何にも音が出そうですので、各部固定や、エプトシーラー等で異音処理をします。

また、一部の配線を辿ると、ダッシュボード内を通って助手席側にも通っていることが確認できましたので、順に配線状態を確認することにします。

まずは、ダッシュボード上部に伸びている配線を辿ると、シガーソケット裏に伸びていることが確認できましたので、シガーソケットを外して状態を確認しますと・・・

シガーソケット裏から電源を取っている様ですが、狭い箇所に配線がそのまま置いてあるだけでしたので、振動でビビリ音が発生しそうです。

固定する箇所がありませんので、エプトシーラーで異音処理をしておきました。

続いては、助手席側に向かっている配線の状態確認を行います。

このグローブBOX下部のパネルを外して内部を確認すると共に、センターコンソールのカーペット内部を確認します。

すると、センターコンソール側に、配線と何かのBOXがプラプラと遊んでいる状態でしたので、共に異音が出ない様に処理をしておきました。

あとは、各パネル類を元に戻せば、ダッシュボード廻りの異音処理は完了です。

続けて、オーバーヘッドコンソール周辺から発生しているビビリ音対応を行います。

前回AMG C63 Coupeの経験を踏まえて、ルームミラー裏にあるプラスチックのADASユニットカバーを外して状態確認を行います。

この様に、レーダー探知機やドラレコの配線が遊んでいます。

これでは、プラスチックカバーに接触してビビリ音が出ることが容易に想像できますので、しっかり異音処理をしておきました。

画像はありませんが、ルーフライニングに詰め込まれていた配線にも異音処理を行い、配線とカバーを元に戻したら、オーバーヘッドコンソール付近の異音処理は完了です。

そして、いよいよ最後の試走を行いましたが・・・

今まで異音の発生していた路面を走行しても、異音やビビリ音の無い大変静かな車内環境になりました。

ただS63といえども、やはりAMG系はブッシュが硬めの様で、鋭い段差通過時にはショックと共にパネル類が動くことにより発生する『ピシッ』という音はどうしても発生してしまいますが、そういった場面を除いてはもう気になる異音はありません。

これで、お客様も気持ち良くドライブをお楽しみ頂けるかと存じます。

しかし、AMG S63は物凄く遮音と防音がしっかりしていて、異音の無い車内空間は気持ち悪いぐらいの静寂です。。。

全ての異音処理が完了しましたので、内外装の清掃をきっちり行いまして、いよいよお客様にお引渡しですが、一緒に試走をさせて頂きましたところ、『今まで当然の様になっていた異音が無くなって大満足です』とお喜びのお言葉を頂きまして、今回もお困り事を解消することが出来たと安堵の気持ちで御座いました。

ご確認頂きました後は、今回もお客様とご飯をご一緒させて頂きまして、経営者の大先輩としてのお言葉や大変ありがたいお話、趣味の車のお話など本当に楽しい時間を過ごさせて頂きました。

N様、この度も本当に色々とありがとう御座いました!

以上、3回に渡りまして、MercedesBenz(メルセデスベンツ) AMG S63S(W222後期モデル)の室内異音低減作業の様子をご紹介して参りましたが、ベンツに限らず、内装の異音にお悩みの方は非常に多いかと存じます。

異音の対応は非常に難しく、今回の様に必ず全てを解消できるお約束のできるものでは御座いませんが、まずはお問い合わせ頂けましたらお話をお伺いした上でご対応に関してご相談をさせて頂くことが可能で御座います。

『異音に困っている・・・』というお客様に関しましてはまずがお問い合わせ頂ければ幸いで御座います。

お役に立てるかもしれません。

次回からのブログでは、この度ご成約を頂き、11月26日(木)にご納車予定で御座いますSUBARU XVにおける、TVキャンセラーの取り付け等のオプション作業含め、ご納車前整備の様子をご紹介して参ります。

では、失礼致します。

お問い合わせ

TORINO CARS(トリノカーズ)
〒573-1138 大阪府枚方市招提北町1丁目2256-1
営業時間 9:00〜18:30 定休日:日曜日

携帯:090-5152-2066
TEL:072-856-0328
Fax:072-856-0327
E-mail:ktorino@nifty.com

To top