自動車メーカー車両開発者が営む中古車販売店

TORINOCARSのお問合せ
携帯 : 090-5152-2066
TEL:072-856-0328

Mail:ktorino@nifty.com
営業時間:9:00〜19:00

ブログ

NISSAN エルグランド(E52) ハイウェイスタープレミアム 納車整備 ガラスコーティング施工【研磨~ガラスコーティング塗布(完成)編】

TORINO CARSのブログをご覧頂きまして誠にありがとう御座います。

本日から4連休の方も多いのではないでしょうか?

賛否両論のあるGoToトラベルも開始となった為、旅行・外出の方も多いかと存じますが、感染拡大に十分留意しながら楽しむことが必要だと思います。

さて、既に石川県のS様にご納車済みであります H26年式 NISSAN エルグランド(E52)ハイウェイスタープレミアム ですが、ご納車前整備のオプションメニューとしましてガラスコーティング施工をご用命頂いておりました。

ご納車までにガラスコーティング施工の様子のご紹介が出来ておりませんでしたので、前回、今回と2回に分けて作業の様子をご紹介して参ります。

前回のブログでは【状態確認~マスキング作業編】としまして、塗装面の状態確認から鉄粉除去、マスキング作業までの様子をご紹介させて頂きましたが、今回はコーティング作業における肝と言えます研磨作業(ポリッシング)からガラスコーティング塗布して完成までの様子をご紹介致します。

弊社は完全屋内施工により研磨作業を行いますので、屋外作業とは違い、砂やホコリをシャットアウトすることで余計な傷が入ることを防ぐことができることに加え、屋内にて専用照明を用いて作業を行うことで、きちんと傷の状態を把握しながら作業を実施することができ、確実な研磨作業を行うことが可能です。

傷の見えない環境で傷の除去は不可能・・・という考えです。

では、早速、鉄粉除去作業にて鉄粉が無くなった塗装面に対して研磨作業(ポリッシング)に入ります。

研磨作業は、塗装の状態や傷の深さ、種類などに応じて、最適な研磨剤(コンパウンド)とバフの組み合わせを選択して作業を行います。

また、その上で、本当に綺麗に塗装面を仕上げる為には、ポリッシャーの回転速度や力加減など、塗装に応じてその場その場で判断が必要となりますので、この研磨作業は大変難しい作業でもあります。

ということで、ボディー各部の研磨前と研磨後の状態をご紹介して参ります。

・ボンネット研磨前

・ボンネット研磨後

照明の周りを良くご覧頂くと分かり易いかと存じますが、小傷がほぼ無くなり、照明もくっきりしたことが確認できると思います。

・フロントフェンダー研磨前

・フロントフェンダー研磨後


細かい洗車傷に加え、薄い擦り傷も除去できました。

・フロントドア研磨前

・フロントドア研磨後

フロントドアは、他の部分に比べて傷が多めでしたが、ご覧に様に綺麗に除去致しました。

・リアスライドドア研磨前

・リアスライドドア研磨後

照明の周りに見える小傷が除去できていることが確認頂けるかと存じます。

・リアパネル研磨前

・リアパネル研磨後

リアパネルも洗車傷の小傷は多かったですが、綺麗に除去しておきました。

・バックドア研磨前

・バックドア研磨後

・リアスポイラー裏側研磨前

・リアスポイラー裏側研磨後


リアスポイラー裏側などはホコリや砂が付着しやすい為、洗車時の傷も多めに入ります。

このエルグランドも他の部分よりも圧倒的に小傷が多かったですが、綺麗に除去致しました。

・Bピラー研磨前

Bピラー研磨後

このピアノブラックのBピラーは光があたると傷が良く見えてしまうものですが、こういった部分も抜かりなく傷を除去しております。

・ドアバイザー研磨前

・ドアバイザー研磨後

ドアバイザーも樹脂なので、傷が入りやすく目立ちやすい部分ですが、このように綺麗に傷を除去することで、車の印象は変わってきます。

また、車に乗り込む際に、ふと『綺麗だな』と思って頂けると思います。

・フロントグリルメッキ部研磨前

・フロントグリルメッキ部研磨後

こういったメッキ部は水垢や軽い錆などが発生しておりましたが、専用の研磨剤を用いて綺麗に除去しました。

以上、各パネル類やパーツの研磨前後の比較をご紹介して参りましたが、各部分、研磨前には小傷が多数入っている状態から研磨後には傷をほぼ除去できていることが確認頂けたかと存じます。

また、傷が無くなることに加え、塗装面が平滑になることで、ボヤっとした照明の輪郭が、研磨後にはくっきりしていることがおわかり頂けるかと存じます。

もちろん、ご紹介していない屋根や前後バンパー、ドアミラー、サイドステップなど全ての部分において研磨を行い、傷を除去しております。

そして、磨き残しが無いかしっかり確認しましたら研磨作業としましては完了ですが、車両が研磨粉で真っ白ですので、洗車をして一度研磨粉を綺麗に洗い流します。

上の写真は洗い流した後ですが、弊社は板金屋さんでは無いので、深い傷までは除去できませんが、研磨作業を終えた時点で、車体から小傷が無くなり、つるんとした滑らかな塗装面に仕上がっており、既に研磨前とは光沢感が全然違います。

続いては、この滑らかで綺麗な塗装面にガラスコーティングを塗布していく作業に入りますが、その前にコーティングの定着を確実なものにする為の脱脂作業を行った後に、ガラスコーティング剤の塗布を行います。

弊社のガラスコーティング剤は撥水性で、独特の光沢感や艶感をプラスしながら、塗装面の保護や汚れが落ちやすい為、メンテナンス容易化が可能です。

また、副次的なメリットとしましては、洗車後の拭き取り作業が楽になる為、この様な大きな車両では格段に洗車作業が楽になると思います。

コーティング剤の塗布作業は、専用のスポンジを用いて、塗装面に傷が入らない様に力を入れず優しく塗り込んでいきます。

ポイントとしては、パネル毎に細かい範囲で区切って塗り込むことで、そうすることで、塗り残しや、拭き残し、ムラを防ぐことができます。

そして、コーティング剤を塗布しては拭き取りを迅速且つ確実に繰り返していき、ボディーパネル全体にガラスコーティング剤を塗布しましたら、ガラスコーティング施工作業はいよいよ完了となります。

ガラスコーティング塗布後のエルグランドがこちら。

しっかりと研磨作業にて小傷を除去し、ガラスコーティング塗布を行うことで、見違える様に綺麗になりました。

写真では表現しづらいですが、ガラスコーティング独特の濡れた様な艶が出て、風景も綺麗に映り込んでいることがお分かり頂けるかと存じます。

車体が大きいので、本当に大変な作業となりましたが、こうやって車が綺麗になる姿を見ることが私自身好きでもあります。

後は、適切にメンテナンスを行って頂けましたらこの良い状態を維持して頂けるかと存じます。

以上、この度ご納車させて頂きましたエルグランドにおきまして、オプション作業としてご用命頂きましたガラスコーティング施工の様子のご紹介でした。

このエルグランドにおきましては、もう一つオプション作業として、ドライブレコーダーの取り付けをご用命頂いておりましたので、次回はそのドライブレコーダーの取り付け作業の様子をご紹介致します。

では、失礼致します。

お問い合わせ

TORINO CARS(トリノカーズ)
〒573-1138 大阪府枚方市招提北町1丁目2256-1
営業時間 9:00〜18:30 定休日:日曜日

携帯:090-5152-2066
TEL:072-856-0328
Fax:072-856-0327
E-mail:ktorino@nifty.com

To top