自動車メーカー車両開発者が営む中古車販売店

TORINOCARSのお問合せ
携帯 : 090-5152-2066
TEL:072-856-0328

Mail:ktorino@nifty.com
営業時間:9:00〜19:00

ブログ

ご依頼作業:LEXUS LS600h(UVF45後期モデル) 室内異音低減作業 その③

TORINO CARSのブログをご覧頂きまして誠にありがとう御座います。

先日では御座いますが、LEXUS LS600h(UVF45後期モデル)にお乗りのお客様より室内異音に関するご相談を頂きまして、異音低減作業をご用命頂きました。

本車両におきましては、以下に記載致します室内箇所より異音が発生しており、順次作業を行いました際の様子を3回に渡りご紹介しております。

①助手席側リアドア ⇒ お客様のお困り事象
②運転席側リアドア
③運転席フロントドア
④助手席ダッシュボード足元
⑤ダッシュボードセンタークラスター部分

前回はその②として運転席ドア及び助手席側グローブBOX下部における異音低減作業の様子をご紹介致しましたが、今回は最終回としてダッシュボードセンタークラスター内部からの異音低減作業の様子をご紹介致します。

※リアドアの異音低減作業はこちら ⇒ LEXUS LS600h 室内異音低減作業 その①
※フロントドア及び助手席グローブBOX下部の異音低減作業はこちら ⇒ LEXUS LS600h 室内異音低減作業 その②

ここまでの作業で異音はほぼ解消しており、今回ご紹介致しますダッシュボードセンタークラスター内部からの異音に関しましてはお客様がお困りの異音箇所では無いものの、段差通過時に不快なビビリ音が発生しておりました為、解決を試みました次第です。

ということで、内部からのビビリ音ですので、センタークラスターを外して確認する必要がありますが、センターコンソールを外してからでないとセンタークラスターが外れない様ですので、順次パネルを外していきます。

センターコンソール周辺のパネルを外してからセンターコンソールを外し、続いてセンタークラスターを外します。

内部を確認する前に気になる点が見つかったのでまずはこの部分の作業を行います。

TVキャンセラーの本体が異音処理されず置いてあるだけの状態であり、振動で音が出てしまいそうですので、異音が出ないように処理します。

残念ながら、今までこういった後付けパーツがしっかり異音処理されているのを見たことが御座いません。。。

もし異音が気になる方でしたら、後付けパーツの取り付けを依頼なさる際は、異音対策をしっかりして取り付ける様に念を押して依頼した方が良いと思います。

続いて、本車両においてはビビリ音の直接的な原因ではないと考えられますが、オーディオユニット奥の配線も異音の原因になるので、念のための確認を行う為にオーディオユニットを取り外します。

かなり窮屈に押し込められておりましたので、やはりビビリ音の原因ではないですが、カプラーとハーネスがむき出しで遊んでいる部分は異音対策を施しておきます。

ビビリ音の直接的な原因ではないものの、段差を乗り越えた際にサワサワした感じはこれで低減できると思います。

ここまで予防的な施工を行った上で、各部に振動を加えてビビリ音の原因を探りますが、センターパネルの奥から『ビーンビーン』と異音が発生していますので、センターパネルを外して奥を確認致します。

振動を加えながら異音の原因を探っていくと・・・

異音の犯人を見つけました。

イオン発生装置(プラズマクラスター)のダクト?からビビリ音がしておりました。

従いまして、振動しても異音が出ない様にエプトシーラーを挟んで異音処理を行いました。

以上の異音対策を行いました上で、センターパネル、オーディオユニット、センタークラスター、そしてセンターコンソールを元に戻し試走を行いました。

結果、無事にセンタークラスターから発生していたビビリ音は解消です。

ここまで行ってきた各異音低減作業により、異音の無い真の静かな車内になりました。

このLEXUSは室内が本当に静かであり、異音も無くなりましたので、極めて快適な室内空間です。

以上で、異音低減作業は完了ですので、最後の作業として、内外装の清掃を行って全ての作業が完了となります。

全ての作業が完了してお客様にご納車させて頂きましたが、『すごい!気になっていた異音が無くなっている!』と大変お喜び頂きまして何よりでした。

また、他のお客様にも仰って頂いたことがありますが、『異音で困っている方は多いはずですので、もっと積極的に宣伝して事業の一つにしたら如何ですか?』とご助言頂きましが、なかなか宣伝方法がわかりません(笑)

あまりお金をかけて宣伝する訳にもいかないので難しい部分がありますが、少なくとも弊社のブログをご覧頂いてご相談頂きました際には作業をお断りする事無く、誠心誠意作業を行い、お困り事の解決に努めていく所存で御座います。

前回のブログでも少し触れましたが、本日もこの後、メルセデスベンツ W213 E250におきまして、異音低減作業が完了しました車両を埼玉県のお客様のご自宅までご納車に向かいます。

※本車両の異音低減作業の様子は後日ご紹介予定です

今回のケースの様に、遠方のお客様でも、室内の異音でお困りのお客様におかれましては、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

取りに伺って作業を行うなど、ご相談をさせて頂きました上で、何とかお困り事の解決のお手伝いをさせて頂く所存で御座います。

以上、3回に渡り LEXUS LS600h(UVF45後期モデル)の室内異音低減作業の様子をご紹介して参りましたが、次回からは、先日ご納車させて頂きました HONDA CIVIC TYPE-R のご納車前メンテナンス作業の様子をご紹介予定で御座います。

では、失礼致します。

お問い合わせ

TORINO CARS(トリノカーズ)
〒573-1138 大阪府枚方市招提北町1丁目2256-1
営業時間 9:00〜18:30 定休日:日曜日

携帯:090-5152-2066
TEL:072-856-0328
Fax:072-856-0327
E-mail:ktorino@nifty.com

To top