自動車メーカー車両開発者が営む中古車販売店

TORINOCARSのお問合せ
携帯 : 090-5152-2066
TEL:072-856-0328

Mail:ktorino@nifty.com
営業時間:9:00〜19:00

ブログ

ご依頼作業:MercedesBenz W213 E250セダン 室内異音低減作業 その②

TORINO CARSのブログをご覧頂きまして誠にありがとう御座います。

この度、埼玉県にお住まいのMercedesBenz W213 E250セダン にお乗りのお客様より運転中に発生します内装異音に関してご相談を頂きまして、この度弊社にて異音低減作業をさせて頂くこととなりましたので、4回に分けて作業の様子をご紹介しております。

本車両において発生しておりました異音箇所は以下となります。

①ダッシュボード内部(ビビリ音) ⇒ お客様のお困り箇所
②ダッシュボード上面スピーカーカバー(ピチピチ音)
③ダッシュボード中央VICS・GPSユニット部(ビビリ音)
④センターコンソール内部(ビビリ音)
⑤助手席側Aピラー付け根付近(ピチピチ音)
⑥レーダー探知機本体及び運転席Aピラー付近(軋み音、ピチピチ音)
⑦運転席ドア(ピチピチ音、コトコト音)
⑧助手席ドア(ピチピチ音、コトコト音)
⑨フロントウィンドウ上部ADASユニット(ビビリ音)

前回はダッシュボード上面スピーカーカバー及びダッシュボード中央VICS・GPSユニット部の異音対策作業の様子をご紹介致しましたが、今回は第2回目としてセンターコンソール内部及び助手席側Aピラー付け根付近、そしてレーダー探知機本体から発生していた異音低減作業の様子ご紹介致します。

※前回の作業の様子はこちら ⇒ メルセデスベンツ E250 異音対策 その①

ということで、まずはセンターコンソールからの異音対策です。

センターコンソールからは荒れた道を走ると、ビリビリとビビリ音が発生しておりましたので、外して状態確認をします。

外し方は、アームレストのストッパーゴムの裏側に隠れているボルトを外し、アームレスト開閉ボタンのあるガーニッシュを外します。

そうすると、センターコンソールを固定しているボルトが見えますのでボルトを緩めればセンターコンソールを外すことができます。

裸の配線が多数遊んでいる状態で、如何にも音が出そうな状態です。

一部、お客様による苦労をなされた痕跡が確認できますが、TESAテープを用いて更に異音対策を行います。

これでOKです。

お客様がご自身で作業されたことからも、本当にお客様がお困りであり、何とかしたいという気持ちがにじみ出ておりますので、今回においても作業のやりがいが御座います。

続いては、センターコンソール内メディア関連ユニット奥の対応です。

ユニットを引き出すと、裸の配線がたくさん遊んでいる状態ですので、こちらも異音対策を行います。

これでセンターコンソール奥からの異音も無くなるはずです。

続いて、センターコンソール本体からの異音対策を行います。

これは、Cクラス、Eクラス、Sクラス共通ですが、アンビエントライトのカプラーの固定が甘く、カタカタと音がしますので、振動しないように対策をします。

その他、触って音がする部分の異音対策を行っていきます。

このアンビエントライトチューブも少し叩くとビビリ音がしますので、固定します。

更に、コンソール下部のアンビエントライトカプラーからも音が出ておりますので、対応致しました。

以上の対策で、センターコンソール部分からの異音は無くなるはずですので、センターコンソールを元に戻して、異音の確認をします。

結果、センターコンソールからのビビリ音は無くなり、随分と静かになりました。

センターコンソールからの異音はこれで解消ですので、続いては助手席Aピラー付け根付近から異音対策に入ります。

本車両にはドライブレコーダーが装着されておりますが、その配線がこのAピラーを通っており、異音が出ていることが容易に予想ができます。

まずはダッシュボード横のカバーを外します。

そうすると、ドライブレコーダーの裸の配線が出てきました。

特に固定もされておりませんので、これは音が出て当たり前と言えます。

続いてはこのドライブレコーダー配線が通っているAピラーガーニッシュを外します。

外し方は、AIRBAGと書いてあるカバーを外し、Aピラーガーニッシュを手前に引っ張れば外れます。

やはり配線が固定されておらず、更にダッシュボード内を通って下に向かう配線も裸で遊んだままですので、この部分からも異音は出るのは確実です。

そこで、各部固定とTESAテープを用いて異音対策を行います。

ダッシュボード横の遊んでいた配線も綺麗にまとめて、異音対策を行いました。

これで助手席側Aピラー部分からの異音は無くなっているはずです。

あとは、このドライブレコーダー配線が助手席グローブBOX下にも伸びていましたので、念のためそちらの対策も行っておくことにします。

この部分においても、お客様の苦労された痕跡がございましたので、申し訳無い気持ちもありますが撤去をさせて頂き、改めて異音対策をさせて頂きました。

最後にカバー類を元に戻す前に良く確認すると、純正のハーネスが1カ所グローブBOXに当たって音が出ておりましたので、対策を行いました。

以上で助手席Aピラー付近の異音対策は完了ですので試走を行いましたところ、段差通過時の度に出ていたピチピチ音が無くなっており、この部分の異音対策はOKです。

続いては、運転席ダッシュボードに設置されているレーダー探知機からの異音に関してですが、お客様にレーダー探知機及びその配線から異音が出ている旨を申し上げましたところ、お客様よりレーダー探知機撤去のご依頼を頂きましたので、撤去作業をさせて頂きました。

このレーダー探知機はお客様が本車両をご購入なさった際から装着されていたものですが、お客様も異音は気になっておられた様で、全く使わないのでこの際に撤去をという運びになりました。

ということで、ダッシュボード横のカバーを外しますと・・・

これでは、異音が出てあたりまえです。。。

取り付けをなされた方のほんのちょっとの気遣いがあれば、このような取り付けにはならないと思うのですが。。。

そして、運転席下側を通っている配線を辿り、電源を取り出していた根本から綺麗に配線を取り外し、無事にレーダー探知機の撤去は完了です。

これで、運転席レーダー探知機からの異音からも解放されました。

ここまでのダッシュボードやセンターコンソール、そしてAピラー付近の異音対策を行うことで、いつも異音確認をしている道を走行してもフロント廻りからの異音はほぼ無くなり、かなり静かになりました。

しかし、まだドア廻りや、ダッシュボード廻りが静かになるとウィンドウ上部のADASユニット辺りからの異音が余計に気になりますので、続いて順次対策を行って行きますが、次回は、運転席及び助手席ドアから発生していた異音対策の様子をご紹介致します。

では、失礼致します。

お問い合わせ

TORINO CARS(トリノカーズ)
〒573-1138 大阪府枚方市招提北町1丁目2256-1
営業時間 9:00〜18:00 定休日:不定休

携帯:090-5152-2066
TEL:072-856-0328
Fax:072-856-0327
E-mail:ktorino@nifty.com

To top