自動車メーカー車両開発者が営む中古車販売店

TORINOCARSのお問合せ
携帯 : 090-5152-2066
TEL:072-856-0328

Mail:ktorino@nifty.com
営業時間:9:00〜19:00
定休日:日曜日

ブログ

程度極上 錆極少でメンテナンスバッチリ 無限パーツなど希少パーツ多数装着 HONDA BEAT 販売前メンテナンス ボディー状態確認③

TORINO CARSのブログをご覧頂きまして誠にありがとう御座います。

先日入庫のお知らせをさせて頂きました『程度極上 錆極少でメンテナンスバッチリ 無限パーツなど希少パーツ多数装着 HONDA BEAT 販売前メンテナンス』ですが、販売前メンテナンスを実施致しましたので、作業の様子を順次ご紹介しております。

前回はフロント廻りの状態確認及び清掃の様子をご紹介致しましたが、今回は【ボディー状態確認編③】として、リアバンパーを外してリア廻りの修復歴有無や錆の状態確認及び清掃を行いました際の様子をご紹介致します。

※フロントの様子はこちら ⇒ HONDA BEAT 販売前メンテナンス ボディー状態確認②

リアバンパーを外しての確認作業の目的は基本的にフロントと同様ですが、リアエンドパネルやトランクフロアパネル、そしてサイドフレーム等の修復歴の確認とマフラーの状態確認、遮熱板の状態確認などを行うこと、そして普段は手が届かない部分まで清掃を行って綺麗にすることで御座います。

では早速確認作業に入りますが、まずリアバンパーにおいても、ナンバープレートのナットクリップに全く錆が出ておらず綺麗な状態が保たれております。

フロントも綺麗な状態でしたので、前後共に錆が無いということになります。

また、ナンバープレートがバンパーに接触して塗装が剥がれない様に、そして異音が出ない様にだと思いますが、バンパーに緩衝材が装着されているところに、前オーナー様の愛情と工夫が感じ取れます。

そして、リアバンパーを外す作業となりますが、リアバンパーの取り外しは、ガーニッシュに隠れた正面左右のボルト2本と底面にあるクリップ2ケ、バンパー両端のビス2本、そしてバンパー上部のクリップ5ケとライセンスランプの配線を外し、左右を広げる様にバンパーを手前に引っ張ると外れます。

ホコリによる汚れはありますが、綺麗なリアボディーです。

オートマックマフラーが干渉する為、遮熱板は装着されておりませんので、この状態でボディーの状態確認を行います。

結果、リアエンドパネルやトランクフロアパネル、そしてサイドフレーム等のボディー各部に接触跡や修正跡が無いか、シーラーの状態などから交換歴等が無いか確認致しましたところ、凹みや歪、交換歴、補修歴が無いので、リアにおいても修復歴は無しと判断できます。

また、本車両におきましてもテールライト下の純正スポンジが残っております。

前回に販売前メンテナンスを行い、現在販売中のカーニバルイエローBEATに引き続きこのスポンジが残っていることに驚きです。

※カーニバルイエローBEATにおける状態確認はこちら ⇒ HONDA BEAT 販売前メンテナンス ボディー状態確認③

カーニバルイエローにおいても、本車両においても、やはり状態の良い車両は保管状態も良く、このスポンジがボロボロに崩れること無く残っているのだと思います。

状態確認が一通り終わりましたら、ボディーの清掃を行います。

ホコリも落ちて、綺麗さっぱりになりました。

ここで、本車両に装着されているマフラーですが、綺麗な状態のオートマック製ステンレスマフラーVer.2が装着されております。

まずはこのパイプの取り回しに性能へのコダワリが感じられます。

BEATが苦手とする低回転~中回転域のトルクを向上させるべく、管長を長く取る様に設計されたことが見てとれ、無限のスポーツサイレンサーと同じ設計思想です。

また、サイレンサーの容量を大きくして、音量を抑える目的もあると思います。

その結果による実際のインプレとしましては、低回転から中回転域までしっかりと力が出ており、アクセルレスポンスに優れた気持ち良い加速してくれます。

サウンドに関しては、大きすぎず小さすぎない適度な音量であり、音質は非常に乾いた良いエキゾーストサウンドを奏てくれております。

センター出し2本のルックスもカッコ良いですね。

マフラーの話に少しそれてしまいましたが、ボディ側の状態確認と清掃が終わりましたので、続いてバンパー側の清掃に入ります。

BEATはリアのインナーフェンダーが存在しないので、バンパー裏が凄く汚れてしまいます。

従いまして徹底的に綺麗にするべく、まずは付属品を全て取り外してから清掃します。

取り外したライセンスライトのホルダーやレンズの清掃、ステー類においても一つ一つ丁寧に清掃します。

しかし、このライセンスランプのステーの錆の少なさも驚異的です。。。

そして、清掃しましたバンパーに各付属品を装着してバンパー清掃も完了です。

もちろん、ガーニッシュ裏側まで清掃致しました。

フロント同様に白ボケが進まない様に樹脂保護クリーナーを塗布済です。

これにてリアバンパーを外して行う状態確認と清掃は終わりですので、バンパーを取り付けましたらリア廻りの修復歴有無確認や錆の状態確認、及び各部清掃作業は完了となります。

リアにおいても修復歴は無く、各部の状態が良好であることが確認できました。

また、フロントと同様に、清掃により新車当時に少しでも近付けることができたかと存じます。

以上、ここまで3回に渡りボディーの状態確認編としましてご紹介して参りましたが、BEAT選びにおける最重要ポイントと言えるボディーにおける錆が少ないことが確認でき、修復歴も無い大変良好な状態のボディーであることが確認できました。

このボディーの状態の良好さは、しっかりした剛性感のある乗り味として伝わって参りますので、お客様もお乗り頂けましたらすぐにご理解頂けるものかと存じます。

ということで、ボディーの状態確認及び清掃としては以上となりますので、次回はエンジンルーム内の確認及び清掃の様子をご紹介致します。

では、失礼致します。

カレンダー

«6月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

車両検索

フィード

お問い合わせ

TORINO CARS(トリノカーズ)
〒573-1138 大阪府枚方市招提北町1丁目2256-1
営業時間 9:00〜18:30 定休日:日曜日

携帯:090-5152-2066
TEL:072-856-0328
Fax:072-856-0327
E-mail:ktorino@nifty.com

To top