自動車メーカー車両開発者が営む中古車販売店

TORINOCARSのお問合せ
携帯 : 090-5152-2066
TEL:072-856-0328

Mail:ktorino@nifty.com
営業時間:9:00〜19:00

ブログ

希少なVersion.Z ハードトップ・ワタナベホイールなどパーツ多数装着 HONDA BEAT エアクリーナーケース内部確認

TORINO CARSのブログをご覧頂きまして誠にありがとう御座います。

この度TORINO CARSに入庫致しました『希少なVersion.Zでハードトップやワタナベホイールなどパーツ多数装着、弱点ポイント対策済みのHONDA BEAT』における、販売開始前に行います販売前メンテナンスの様子をシリーズでご紹介しております。

※車両のご説明はこちら ⇒ 希少なVersion.Z ハードトップ・ワタナベホイールなどパーツ多数装着 HONDA BEAT 入庫しました

前回は【エンジンルーム清掃及び状態確認編】として、エンジンルームのチェック及び清掃の様子をご紹介致しましたが、今回は本BEATにおける販売前メンテナンス最終回となる【エアクリーナーケース確認編】として、エンジンの健康状態を計り知る為の一要素であるブローバイガスの状態確認とケース内の清掃、そしてトランクルームの清掃を実施しましたので、その様子をご紹介致します。

※エンジンルーム状態確認編はこちら ⇒ 希少な HONDA BEAT Version.Z エンジンルーム状態確認編

BEATにおけるエアクリーナーケース内部の確認はトランクルームのメンテナンスリッドからとなりますので、はじめにトランクルームの清掃から入ります。

まずはトランクマットやバッテリー、バッテリーケースを外して、トランクフロアの状態を確認します。

BEATは現代の車の様にリーンホースメントが無く、リアから大きな力が加わるとと容易にトランクフロアに歪みが出てしまいます為、このフロアの状態を良く確認することで修復歴有無はもちろんのこと、リアからの大きな事故が無いかの確認ができます。

もちろん、本車両は問題無しです。

状態確認が出来ましたので、清掃に入ります。

奥まった場所は特にホコリが溜まり易いので、念入りに清掃していきます。

バッテリーケースの下などは形状が複雑な為、特に汚れが溜まり易いです。

トランクルームが綺麗になりました。

続いて、エアクリーナーケース内部確認へ移ります。

まずは、メンテナンスリッドを固定している4本のボルトを緩めてメンテナンスリッドを外します。

メンテナンスリッド下側の固定ブラケット部分は、トランクフードから入ってきた水が溜まり易く、錆が出やすい部分ですが、本車両は錆が無く綺麗です。

そして、メンテナンスリッド奥に見える黒色のエアクリーナーケースカバーを固定している6本のビスを緩めてエアクリーナーエレメントと共にカバーを取り外します。

取り外すと今回の目的であるエアクリーナーケース内部が現れますが、ブローバイガスの付着も少なく綺麗な状態です。

因みに、エアクリーナーケース内部を確認する目的ですが、エンジンの状態を計り知ることのできるブローバイガスの吐出状況を確認する為です。

ブローバイガスとは、ガソリンが燃焼室内で爆発した際に、シリンダーとピストン、ピストンリングの間から抜け出てくるオイルを含んだガスのことで、調子が良いエンジンでも常に発生するものですが、ピストンリング破損や固着、ピストン本体のリング溝摩耗、そしてシリンダー壁面の摩耗や傷が進行するとこのブローバイガスの量が過度に多くなります。

そして、そのブローバイガスはエンジンヘッドカバーからエアクリーナーケースに入る為、エアクリーナーケース内のブローバイガスの吐出状況を確認することによりエンジンの状態をある程度図り知ることが出来るという訳です。

一概には言えませんが、エアクリーナーケース内部がブローバイガスでドロドロの車両はピストンやピストンリング、シリンダーの状態が芳しくなく、逆にブローバイガスが少ないとそれらのパーツの状態は健全と言えます(ブローバイガスが少ないからと言って必ず状態が良いとは言えませんが、少なくともブローバイガスが過度に多いエンジンは状態が良くないと言えます)。

話を戻しますが、本車両はそのブローバイガス付着が少なく、エンジンの状態は良好であると判断できます。

そして、内部を一度綺麗にするために、パーツクリーナーを用いて綺麗に拭き上げておきます。

一度綺麗にしておくことで、次回以降にお客様がブローバイガスの量を正確に把握することができるかと存じます。

続いて、エアクリーナーエレメントの状態確認です。

これはダーティーサイド側(大気側)ですが、前回車検時(92,900km時)に交換したばかりですので、非常に綺麗な状態です。

前回の車検時にはその他、クラッチフルード、ミッションオイルなどの油脂類も交換されております。

そして、毎度の事ですがエアクリーナーケースカバーの内側はホコリが溜まり易いので綺麗にした後にエアクリーナーエレメントと共に車両に戻します。

エアクリーナーエレメントのパッキンを噛まない様に注意しながら元に戻し、メンテナンスリッドも固定すればエアクリーナーケース内部の確認は終了です。

あとは、バッテリーケース、バッテリー、カーペットを元に戻せば完了ですが、戻す前にバッテリーケースやカーペットを清掃します。

特に、このバッテリーケースはどの車両も汚れが溜まっているので、水洗いで綺麗にしておきます。

カーペットも掃除機と水拭きで綺麗に清掃します。

そして、各パーツを車両に搭載して、今回の作業は全て完了となります。

見栄えの良い、綺麗なトランクルームになりました。

以上、エアクリーナーケース内部のブローバイガス吐出状況を確認して参りましたが、ブローバイガスの量が少ないことに加え、エンジンのフィーリング、音、力感、吹け上がりを総合的に見て、本車両のエンジンの調子は良いと判断できます。

BEATの良さの一つでもある、ダイレクトなNAエンジンを安心して高回転まで回し、爽快なドライブをお楽しみ頂ければ幸いです。

ということで、ここまで全6回に渡り、このBEAT Version.Zの販売前メンテナンスの様子をご紹介して参りましたが、ボディー、シャシー、エンジンの状態、そして内外装含めて良好な状態であることが確認できました。

また、徹底的に各部の清掃を行っておりますので、古い中古車特有のヤレた感じの少ない、清潔感のある状態でお乗り頂けます。

車両コンポーネントの状態が良好でありますので、このままの状態でもBEATドライブを存分にお楽しみ頂けますが、数点の消耗品交換等のメンテナンスを実施すれば更に長く良い状態でBEATのある生活をお楽しみ頂けるかと存じます。

お客様とご相談させて頂きながら、お客様好みの状態に仕上げてご納車させて頂きたく存じます。

近日中に在庫車両情報に詳細写真や説明を記載し、販売開始予定ですので、是非、お気軽にお問い合わせ頂けましたら幸甚で御座います。

では、失礼致します。

お問い合わせ

TORINO CARS(トリノカーズ)
〒573-1138 大阪府枚方市招提北町1丁目2256-1
営業時間 9:00〜18:30 定休日:日曜日

携帯:090-5152-2066
TEL:072-856-0328
Fax:072-856-0327
E-mail:ktorino@nifty.com

To top