自動車メーカー車両開発者が営む中古車販売店

TORINOCARSのお問合せ
携帯 : 090-5152-2066
TEL:072-856-0328

Mail:ktorino@nifty.com
営業時間:9:00〜19:00

ブログ

ご依頼作業:MercedesBenz AMG C63S カブリオレ(A205) 室内異音低減作業 その③

TORINO CARSのブログをご覧頂きまして誠にありがとう御座います。

MercedesBenz AMG C63S(A205)カブリオレにお乗りのお客様より、走行中に以下に記載致し場所から発生する異音に関してお困りとのことでご相談を頂きまして、この度弊社にて異音低減作業をさせて頂くこととなりました。

①助手席ダッシュボード(コトコト音)
②センターコンソール内(コトコト音)
③運転席廻り(ビビリ音)
④運転席・助手席ドア内(コトコト音)
⑤オーバーヘッドコンソール周辺(ビビリ音)
⑥幌ウェザーストリップ(軋み音、ピチピチ音)

そこで、上記箇所において異音低減処理として実施致しました作業の様子を4回に渡りご紹介しております。

前回はその②として、センターコンソール内と運転席廻りの異音低減作業の様子をご紹介致しましたが、今回はその③として、運転席・助手席ドア内とオーバーヘッドコンソール周辺から発生している異音低減作業の様子をご紹介致します。

※助手席ダッシュボードの異音処理はこちら ⇒ 異音低減作業その①
※センターコンソール、運転席廻りの異音処理はこちら ⇒ 異音低減作業その②

では、早速ドア内から発生する異音低減作業のご紹介に入りますが、作業の都合上、助手席側のドア内から作業を行います。

このW205系のドア内を見るもの3回目ですが、当然ですがどの車も基本的に同じ状態であり、どの部分から異音がでているか予測できています。

ドアライニングの脱着は固定ボルトを3本外し、あとは全てクリップですので内装剥がしを用いてクリップを外していけばドアから外すことができますが、クリップが物凄く硬いので、クリップ根本に内装剥がしを入れる様にして慎重に外していきます。

ドアライニングが外れましたら、まずはドア側ですが、裸の配線が遊んでいる箇所が数カ所あるので処理をしていきます。

基本的に裸の配線は動くことで異音の原因になりますので、固定及びエプトシール等で音が出ない様にします。

続いて、ドアライニング側も異音が発生する箇所を処理します。


※画像は吸音材を外したところです

この部分(LEDチューブ根本)を動かすとコトコトと音が出ていますので、動かない様に固定を行います。

本車両においてはその他は音の出そうな箇所はありませんでしたので、ドアライニングを元に戻して、続いて運転席側に移ります。

ドアライニングを外して、内部を確認し、異音の出そうな箇所を処理していきます。

ドアライニング側においては助手席と同様でLEDチューブ根本が動いてしまい、コトコトと音が出ておりますので、動かない様に処理を致しました。

その他に異音の出そうな箇所が無いかを確認して、吸音材を元に戻し、ドアに取り付ければドア内の作業は完了となります。

以上の作業でドア内からの異音は消えているはずですので試走を行いましたところ、異音は確認できませんでしたので、これでドア内の異音処理はOKです。

続いては、路面の荒れた道を走行するとビビリ音が発生しているオーバーヘッドコンソール周辺の異音低減作業に入ります。

ビビリ音が如何にも配線が遊んでいる様な音で、さらに本車両は後付けのドライブレコーダーがフロントウィンドウに装着されているので、異音の原因は簡単に予測できます。

ということで、バックミラー根本のADASカメラのカバーを外していきます。

予想通り、ドライブレコーダーの配線がグチャグチャっと詰め込まれているだけでした。

Aピラー内部を通っている配線も裸のままですので、振動でビビリ音が出て当然です。

そこで、まずはドライブレコーダーの配線を異音処理致します。

続いて、ADASユニットカバーも外して内部を確認致しますと、恐らくドライブレコーダーを取り付けた時に外れてしまったのだと思いますが、固定されているはずの配線が遊んでしまっています。

なので、しっかり固定をしておきました。

これで、頭上から発生していた不快なビビリ音は出ないはずです。

ということで効果を確認する為に試走を行いましたところ、ビビリ音は無くなっており、この部分に関してもOKです。

以上、今回は運転席・助手席ドア内とオーバーヘッドコンソール周辺から発生している異音低減作業の様子をご紹介致しましたが、ここまでの作業でお客様がお困りになっていた異音に関してはほぼ解消しており、残りは⑥の幌ウェザーストリップからの異音を残すのみとなります。

①助手席ダッシュボード(コトコト音)
②センターコンソール内(コトコト音)
③運転席廻り(ビビリ音)
④運転席・助手席ドア内(コトコト音)
⑤オーバーヘッドコンソール周辺(ビビリ音)

⑥幌ウェザーストリップ(軋み音、ピチピチ音)

ということで、次回はMercedesBenz AMG C63S(A205)カブリオレにおける異音低減作業の最終回として、幌及びウェザーストリップからの異音低減作業の様子をご紹介致します。

では、失礼致します。

お問い合わせ

TORINO CARS(トリノカーズ)
〒573-1138 大阪府枚方市招提北町1丁目2256-1
営業時間 9:00〜18:30 定休日:日曜日

携帯:090-5152-2066
TEL:072-856-0328
Fax:072-856-0327
E-mail:ktorino@nifty.com

To top