自動車メーカー車両開発者が営む中古車販売店

TORINOCARSのお問合せ
携帯 : 090-5152-2066
TEL:072-856-0328

Mail:ktorino@nifty.com
営業時間:9:00〜19:00

ブログ

ご依頼作業:HONDA FD2 CIVIC TYPE-R カウルトップ・ルーフモール交換及びウィンドウ撥水コーティング施工

TORINO CARSのブログをご覧頂きまして誠にありがとう御座います。

今日はここ大阪は気温が28℃と、暑いです。。。

もうすぐ梅雨入りの様ですが、夏先取りという感じですね。

そんな今日この頃ですが、今現在は遠方である三重県のお客様よりご用命頂いております、LEXUS LS600hの室内異音低減作業を行っております。

この度のお客様も長い間、室内からの異音に大変お困りであるものの、ディーラー様でも解消できなかったとのことでこの度弊社にご依頼頂きましたが、車両そのものの静粛性が非常に高い為、原因究明がかなり難しい作業です。。。

しかし、何とかストレスの元である異音を解消すべく奮闘中であります。
(既におおよその箇所の異音は解消することができました)

さて、この度、京都府在住のお客様より HONDA FD2 CIVIC TYPE-R のカウルトップ・ルーフモール交換及びウィンドウ撥水コーティング施工をご用命頂きましたので、作業の様子をご紹介致します。


※奥のBEATと共に、白のホンダスポーツが並びました

尚、このCIVIC TYPE-Rは以前弊社にてガラスコーティング施工をさせて頂きました車両で、お客様は『今後も10年は乗り続けたい』と様々な箇所をリフレッシュされながら、このCIVIC TYPE-Rを本当に大切に維持なさっているお客様です。

※ガラスコーティング施工の様子はこちら ⇒ HONDA CIVIC TYPE-Rガラスコーティング施工

そして、この度、車両のリフレッシュの一環でカウルトップ及びルーフモールの交換をご用命頂きまして、カウルトップとモールを外したついでにウィンドウも隅々まで綺麗にしたいとのことで、ウィンドウ撥水コーティングも同時にご用命頂きました。

では、早速作業に入りますが、まずはカウルトップを外します。

はじめにワイパーアームを取り外し、カウルトップそのものはクリップでとまっているだけですので、引っ張って外します。

ウォッシャーホーズも引き抜きましたら、次は両サイドのカバーも外します。

カウルトップが外れましたが、ものすごく汚れておりますので、綺麗に清掃をしておきます。

清掃が終わりましたら、続いてはルーフモールの取り外しに入ります。

ルーフモールも複数のクリップで固定されておりますので、フロント側から順次引っ張って外していきますが、この部分のクリップは基本的に割れると思って頂いた方が良いです。

従いまして、新品のクリップを予め準備しておく必要があります。

ルーフモール部分も汚れが溜まっておりますので、綺麗に清掃しておきます。

当然、反対側の運転席側も交換作業を行っております。

これで、カウルトップ及びルーフモールが外れましたので、この時点でウィンドウ撥水コーティング施工に入ります。

この度のウィンドウ撥水コーティングをご用命頂きました主目的は、頑固に付着しているウロコの除去がメインでしたので、隅々まで綺麗にする為に、カウルトップ及びルーフモールを外した状態で作業を行うことに致しました。

この様に、フロントウィンドウを中心に非常に頑固なウロコが付着しておりますが、お客様ご自身では除去が難しいレベルです。

そこで、ポリッシャーと専用の薬剤を用いて、このウロコを除去していきます。

また、同時に元々のガラスコーティング剤も除去して、今回施工致します撥水コーティングがしっかり定着させる目的もございます。

綺麗に除去できました。

もちろん、サイドウィンドウとリアウィンドウも同様にポリッシングにてウロコと古いコーティング剤を除去し、綺麗に致します。

全ウィンドウ面が綺麗になりましたら、脱脂作業を行い、撥水コーティング剤を塗布、そして拭き取りを行いましてウィンドウ撥水コーティング施工は完了です。

ウィンドウ撥水コーティング施工が完了致しましたので、交換を行います新品のカウルトップ及びルーフモールを装着に入ります。

適切な位置にクリップを装着して、リア側から順にボディー側にはめ込んでいきます。

よりが出ない様に、リア側から一つずつ丁寧にはめ込んでいく作業が必要です。

ルーフモールが装着できましたら、続いてカウルトップ両サイドのカバーを装着します。

運転席側はウォッシャーホースを噛み込まない様に注意が必要でした。

そして、最後にカウルトップを装着しまして・・・

ワイパーアームを装着致しましたら、カウルトップ・ルーフモール交換及びウィンドウ撥水コーティング施工は全て完了となります。

白ボケしていた樹脂部品が黒々とし、リフレッシュした感が大きいです。

FD2のCIVIC TYPE-Rも発売から10年以上が経過しており、特に樹脂部品に関しては劣化が出てきている車両も多いと思いますが、今回の様に樹脂部品を新品に交換することで見た目がかなり向上しますので、綺麗に車両を維持したいお客様にはおすすめな作業です。

また、新たにウィンドウ撥水コーティング施工もさせて頂きましたので、雨の日も快適にドライブ頂けるかと存じます。

この度は、カウルトップ・ルーフモール交換及びウィンドウ撥水コーティング施工をご用命頂きまして誠にありがとう御座いました。

また今後共宜しくお願い致します。

お問い合わせ

TORINO CARS(トリノカーズ)
〒573-1138 大阪府枚方市招提北町1丁目2256-1
営業時間 9:00〜18:30 定休日:日曜日

携帯:090-5152-2066
TEL:072-856-0328
Fax:072-856-0327
E-mail:ktorino@nifty.com

To top