自動車メーカー車両開発者が営む中古車販売店

TORINOCARSのお問合せ
携帯 : 090-5152-2066
TEL:072-856-0328

Mail:ktorino@nifty.com
営業時間:9:00〜19:00

ブログ

イソマサオート様OH済み 20周年記念パーツ多数 程度極上 HONDA BEAT Ver.Z 納車整備 純正シート生地張替え及びウレタン補修

TORINO CARSのブログをご覧頂きまして誠にありがとう御座います。

昨日ですが、現在ご納車前整備の様子をご紹介しておりますHONDA BEAT Ver.Zを静岡県にお住まいのI様へご納車させて頂きました。

ブログでのご納車前整備のご紹介は後追いとなってしまっておりますが、もちろん全ての作業を終えてピカピカの状態でご納車させて頂きました。

風が強かったものの天候にも恵まれ、ご納車の際には『最高のBEATをありがとう御座いました』との大変ありがたいお言葉も頂き、車両の状態に関しましてご満足頂けました様で何よりで御座いました。

尚、ご納車の際のご報告は後日改めてブログにてUPさせて頂く予定で御座います。

さて、以上の様に昨日ご納車させて頂きました『イソマサオート様OH済み 20周年記念パーツ多数 程度極上 HONDA BEAT Ver.Z』ですが、引き続き用命頂きました以下の作業を順次ご紹介しております。

※本車両の詳細はこちら ⇒ HONDA BEAT Ver.Z 入庫致しました
※販売前整備の様子はこちら ⇒ HONDA BEAT Ver.Z 販売前メンテナンス

①LEDヘッドライトバルブ交換
②エンジンオイル・オイルフィルター交換
③ミッションオイル交換
④ブレーキフルード交換
⑤オイルレベルゲージ交換
⑥プラグ交換
⑦タイヤ交換
⑧ETC取付
⑨フロアカーペット・トランクマット交換
⑩メインリレー交換
⑪運転席側シートベルトアウタータング交換
⑫シート生地張替え及びウレタン補修
⑬スピーカー交換(carrozzeria TS-C1630)
⑭ドアガラススタビライザー交換
⑮ドアウェッジ交換
⑯バッテリー交換
⑰バッテリーターミナル交換
⑱バッテリーターミナルカバー交換
⑲キルスイッチ取付
⑳リアトランクステー交換
㉑ボディーガラスコーティング施工
㉒ウィンドウ撥水コーティング施工
㉓エアコンパネル曇り除去施工
㉔フロアマット交換(KARO製)

前回は⑪運転席側シートベルトアウタータング交換作業の様子をご紹介致しましたが、今回は⑫シート生地張替え及びウレタン補修に関してご紹介致します。

では早速ご紹介に入りますが、BEATの純正シートはサイドサポート部分や座面部分に破れやヘタリがでやすく、サイドサポート部分においては生地が破れてウレタン部分が出てしまっている車両が多い現状があります。

そんな中、本車両のシートにおいてはサイドサポート部分の破れは無く大変良好な状態でしたが、座面部分の生地に少しのスレとウレタンのヘタリが見られましたので、今回生地の張替え作業とウレタン補修作業をご用命頂きました。

ということで、生地の張替え作業及びウレタン補修を行うこととなりますが、今回はBEATの特徴的な純正ゼブラ柄のシート生地を販売されており、張替え作業からヘタリの出ている部分のウレタン補修まで行って頂くことができます『スタジオ ロクゼロ』様にて作業を行って頂きました。

現状、BEATのゼブラ柄シート生地を販売されているのはスタジオ ロクゼロ様のみかと思います。

弊社がこのスタジオ ロクゼロ様とのお取引は初めてとなりましたが、社長様は元本田技術研究所にお勤めであった私の大先輩にあたり、私も同じホンダ出身ということで色々と話が盛り上がり、これまた同じくドイツにて勤務経験がおありで、ドイツにある研究所にBEATがある話などなど様々なお話をさせて頂き大変なご縁を感じました。

ちなみに、BEATにおけるシート生地は純正シートを生産していた会社と同じ会社で生産されており、純正クオリティーであるだけでなく、純正シートのウレタンには必ずヘタリがある為、生地の厚みをあらかじめ厚くされていたりと改良も施されている大変高品質なシート生地となっております。

※今回のブログへの情報掲載にあたり社長様よりご了承を得ております

BEATの話に戻りますが、今回の作業内容としましては、シート本体を取り外してスタジオロクゼロ様に送り、運転席側はシート生地張替えとウレタン補修、助手席側はシート生地張替えを作業頂きました。

シート生地張替え作業自体は生地を取り寄せて私でも可能ですが、今回はウレタン補修も行って頂きます為、専門店様でありますスタジオ ロクゼロ様にて作業を実施して頂きました。

帰ってきたシートは当然ですが大変綺麗な状態で、まさに純正新品状態の再現です。

シートカバーでは無く、生地そのものを張り替えておりますので、ヨレやダブりは一切ありません。

また、試座してみましたが、ウレタン補修に加え生地の厚みが純正よりも少し厚くなっていることもあり、座り心地が確実に向上していることがわかります。

シート生地の色を綺麗に合わせる為にも助手席側の生地張替えも行いましたので、助手席側も新品状態です。

本車両は元から純正シートの状態が良好でしたので、見た目の劇的変化はありませんが、生地が新品になったことに加え、ウレタン補修で座り心地が向上しておりますので、お客様にもご満足頂ける状態になったと思います。

運転席のサイドサポート部分が破れてしまっている車両におきましてはシートカバーを被せることがお手軽な対応かと思いますが、BEATの一つの特徴でもあります純正ゼブラシート柄を生かした改善をご要望の方におかれましては、シート生地を張り替えるだけでもかなりのリフレッシュ感を感じることができますので、是非交換をご検討頂ければと存じます。

ウレタン補修を伴わないシート生地張替えのみでしたら弊社でも承ることが可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。

以上、今回は⑫シート生地張替え及びウレタン補修に関してご紹介致しましたが、次回は⑬スピーカー交換(carrozzeria TS-C1630)及び⑭ドアガラススタビライザー交換の様子をご紹介致します。

では、失礼致します。

お問い合わせ

TORINO CARS(トリノカーズ)
〒573-1138 大阪府枚方市招提北町1丁目2256-1
営業時間 9:00〜18:30 定休日:日曜日

携帯:090-5152-2066
TEL:072-856-0328
Fax:072-856-0327
E-mail:ktorino@nifty.com

To top