自動車メーカー車両開発者が営む中古車販売店

TORINOCARSのお問合せ
携帯 : 090-5152-2066
TEL:072-856-0328

Mail:ktorino@nifty.com
営業時間:9:00〜19:00
定休日:日曜日

ブログ

程度極上 錆極少でメンテナンスバッチリ 無限パーツなど希少パーツ多数装着 HONDA BEAT 販売前メンテナンス ブローバイガス確認

TORINO CARSのブログをご覧頂きまして誠にありがとう御座います。

先日ご成約のお知らせをさせて頂きました『程度極上 錆極少でメンテナンスバッチリ 無限パーツなど希少パーツ多数装着 HONDA BEAT』ですが、引き続き販売前メンテナンスの様子をご紹介しております。

前回はエンジンルームのチェック及び清掃、プラグ確認、点火時期確認、アイドリング回転数調整等の様子をご紹介致しましたが、今回は【ブローバイガス確認編】として、エンジンの健康状態を計り知る為の一要素であるブローバイガスの状態確認とエアクリーナーケース内の清掃、トランクルームの清掃を実施しましたので、その様子をご紹介致します。

※エンジンルーム確認の様子はこちら ⇒ BEAT 販売前メンテナンス エンジンルーム確認

作業のご紹介の前に・・・

弊社では、BEATにおきましてエアクリーナーケース内におけるブローバイガスの状態を必ず確認しております。

ブローバイガスとは、ガソリンが燃焼室内で爆発した際に、シリンダーとピストン、ピストンリングの間から抜け出てくるオイルを含んだガスのことで、調子が良いエンジンでも必ず発生するものですが、ピストンリング破損や固着、ピストン本体のリング溝摩耗、そしてシリンダー壁面の摩耗や傷が進行したエンジンではブローバイガスの量が過度に多くなります。

そして、BEATにおいてはブローバイガスはクランクケースからエンジンヘッドカバーを通りエアクリーナーケース内に入る構造となっている為、エアクリーナーケース内のブローバイガスの吐出状況を確認することによりエンジンの状態をある程度図り知ることが出来ます(ブローバイガス経路は下図参照)。

一概には言えませんが、エアクリーナーケース内部がブローバイガスでドロドロの車両はピストンやピストンリング、シリンダーの状態が芳しくなく、逆にブローバイガスが少ないとそれらのパーツの状態は健全と言えます(ブローバイガスが少ないからと言って必ず状態が良いとは言えませんが、少なくともブローバイガスが過度に多いエンジンは状態が良くないと言えます)。

BEATのエンジンは基本的に非常に耐久性が高く、しっかりメンテナンスを行っていればエンジン本体からのトラブルは問題ありませんが、距離を重ねている車両が多く、高回転を多用する車両で御座いますので、より確実にエンジンの状態を判断し、自信をもってお客様にご案内できる様に、弊社ではBEAT全車両におきましてブローバイガスの確認を行っている次第で御座います。

加えまして、BEATではオイル消費の激しい車両も見受けられますが、弊社では長距離に渡る走行ができないが故にオイル消費量を正確に検証することができませんので、オイル消費にも関係しているブローバイガス状態確認はエンジンの状態を図り知る為の必須な作業と考えております。

では確認作業に入りますが、BEATにおけるエアクリーナーケース内部の確認はトランクルームにあるメンテナンスリッドを外してアクセスすることになりますが、その前にトランクルームの清掃から行います。

清掃を行うにあたっては、隅々まで綺麗にする為に助手席側テールライトカバー、トランクマット、バッテリー、バッテリーケースを取り外してから行います。

これは、トランクフロアの状態確認を行う目的もございます。

この状態でトランクフロアの確認を行いましたが、フロアに歪みなどは無く補修歴はありませんし、錆も無く綺麗な状態です。

続いて清掃に入りますが、特にトランクルームの端はバッテリーなどを外さないと手が入らないところなので、ホコリを中心に汚れが溜まっておりますので、念入りに清掃します。

清掃方法としては、掃除機と濡れタオルを用いて、エンドパネル側のテールライト部分まで含めて隅々まで綺麗に致します。

パネルの奥まで手の届く範囲で清掃しております。

これでトランクフロアは隅々まで綺麗になりました。

トランクルームの清掃は完了ですので、続いてブローバイガスの状態を確認すべくエアクリーナーケース内部確認へ移ります。

ボルト4本を緩めて、メンテナンスリッドを取り外すとエアクリーナーケースカバーにアクセス可能となります。

ここでも、エアクリーナーダクトに断熱材が巻かれていることが確認できます。

そして、エアクリーナーケースカバーを固定している6本のビスを緩めてエアクリーナーエレメントと共にカバーを取り外しますと、ようやく今回の目的であるエアクリーナーケース内部のブローバイガスを確認することができます。

結果は・・・

下部に多少の油分の付着は見られますが、過度な量のブローバイガスの付着は無く綺麗な状態であり、ブローバイガス量は問題無いと判断できます。

実際にエンジンフィーリングと併せて考えても、非常に調子の良いエンジンと言えます。

ブローバイガスの状態に関して確認ができましたので、エアクリーナーケース内部をクリーナーを用いて清掃します。

清掃の目的は、この機会に1度清掃しておくことで次回に確認する際にブローバイガスの吐出状況を正確に確認できる様にとの想いからで御座います。

これで今回のメインの目的であるブローバイガスの状態確認は完了致しましたので、続いては、カバーと一緒に外したエアクリーナーエレメントの状態確認です。

写真はダーティーサイド側(外気側)ですが、汚れはほとんど無く、最近時に交換してあることが伺えます。

40,000km毎の交換が指定であり、新品と大差ない状態の為、今回はこのまま再使用することと致します。

以上で、各確認作業が終了致しましたのでエアクリーナーケースカバーを元に戻しますが、元に戻す前にホコリの溜まっているカバーも清掃しておきます。

もちろん内部も。

性能には全く関係しませんが、気持ちです。。。

そしてエアクリーナーエレメントをカバーにはめ込み、エレメントのパッキンを噛み込まない様に注意しながらエアクリーナーカバー元に戻します。

このカバーの締め付けも隙間ができない様に中心から外側にかけて締め込んでいくなどちょっとした心遣いを行っております。

あとは、メンテナンスリッドを元に戻してトランクルーム内のパーツを元に戻しますが、その前にバッテリーケースやカーペット、テールライトカバーを清掃しておきます。

このバッテリーケースは、どの車も必ず汚れが溜まっております。

そして、清掃を行ったバッテリーケース、カーペット、テールライトカバー、バッテリー本体を車両に搭載すれば今回の作業は全て完了となります。

綺麗なトランクルームとなりました。

以上、エアクリーナーケース内部におけるブローバイガスの状態を確認し、問題無いことを確認できました。

力強く且つ軽やかに回るフィーリングや音などから併せて判断しましても、非常に調子の良いエンジンであると判断できます。

これにて、前回ご紹介致しましたエンジンルームのメンテナンスと併せまして、『エンジンの状態は良好です!』とお客様に自信を持ってご納車させて頂けます。

お客様におかれましてはBEATの大きな魅力の一つでもある、レスポンスが良く、爽快に吹け上るエンジンを安心して高回転まで回して頂きまして、気持ち良いドライブをお楽しみ頂けましたら幸いに存じます。

ということで、2回に渡りエンジン関連の確認、調整作業の様子をご紹介して参りましたが、次回はこのBEATおける販売前メンテナンス最後となります、【足廻り状態確認編】として、サスペンション等のシャシー部品や足廻りのゴム部品の状態確認及び清掃作業を行った際の様子をご紹介致します。

では、失礼致します。

カレンダー

«7月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

車両検索

フィード

お問い合わせ

TORINO CARS(トリノカーズ)
〒573-1138 大阪府枚方市招提北町1丁目2256-1
営業時間 9:00〜18:30 定休日:日曜日

携帯:090-5152-2066
TEL:072-856-0328
Fax:072-856-0327
E-mail:ktorino@nifty.com

To top